• TOP
  • ビジネスマナー
  • 仕事で感じるストレスランキング1位は男女ともに〝職場の人間関係〟

仕事で感じるストレスランキング1位は男女ともに〝職場の人間関係〟(2021.10.23)

メルセンヌ働く上でストレスとなる要因調査

新型コロナウィルスの影響で私達の働き方は大きく変化した。リモートワークの導入はもちろん、オンラインによる商談、移動制限など今までにない働き方が求められている。

そのような状況の中では、仕事のストレス要因が変化している可能性も考えられる。そこでキャリアアップ支援やメディア運営を行う、メルセンヌは、在職中の男女832名を対象に、「働く上でストレスとなる要因」に関する調査を実施。回答結果をグラフ化して発表した。

仕事で感じるストレスランキング(男女832名調査)

メルセンヌ働く上でストレスとなる要因調査

リモートワークなど、直接人と接しなくなった職場においても、苦手な人、嫌いな人に対してストレスを抱える傾向に変化がないことがわかる。

また、給与に不満を抱くよりも、ノルマや労働時間の長さに対してストレスを抱いていることが判明。自宅での作業が増えた分、上司が仕事の配分を最適化できていない可能性が伺える。

男性のストレス調査(男性437人)

メルセンヌ働く上でストレスとなる要因調査

女性のストレス調査(女性395人)

メルセンヌ働く上でストレスとなる要因調査

男性女性別で、ストレスに感じることの差異についても調査したが、人間関係によるストレスが圧倒的であった。特に女性は、職場の対人関係を大切にしていることがわかる。

男性は女性に比べて、体力面で無理を強いられやすいためか労働時間の長さにストレスを感じることが調査結果で判明した。

まとめ

職場の人間関係は、令和になる以前より大きなストレス要因としてあげられていた項目だ。調査の結果、2021年10月現時点でも傾向に変わりがないことがわかる。

会社は社員のストレス要因を把握し、どのような緩和を行うべきかを考えることで、組織全体の生産性向上のスタートをきれるようになるはずだ。

調査概要
調査対象:在職中の20歳~65歳の男女
調査期間:2021年9月~2021年10月
調査方法:インターネットによる記述式アンケート
調査人数:832名(男性437名/女性395名)

関連情報
https://www.recme.jp/careerhigh/entry/stress-free-work

 

その他の情報はこちら

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます