薄毛を隠すヘアスタイルは逆に目立ってNGです。(2016.04.09)

最近、抜け毛が増えてきた。おでこが広くなって気になる。頭頂部が心配……。男が直面する髪の悩みは尽きないものである。しかし、薄くなってきたからといって中途半端に隠そうとすると女子ウケが最悪であることは、以前紹介したとおり。一体どんな髪型が、薄毛の私たちを救ってくれるのか。ZACCの高橋さんに話しを聞いてきた。

_MG_8842

薄毛になったときのヘアスタイルはどうすればいいですか?

薄くなってくるとボリュームが出ないため、頭頂部をのばしがちですけど、薄毛の人のヘアスタイルで一番気になるのは「量感が違う」ことなんです。耳の上の髪の毛と襟足は、ホルモンの関係で毛が多いんですね。頭頂部が薄くて、耳の上や襟足が長いと、バランスが悪くなり余計に薄毛を露呈することになります。多く見えるようにすることは確かなんですが、耳の上と襟足の量感を減らすことが、当著部のほうを薄く見せない方法なんですね。

_MG_8853

薄毛を目立たなくする髪型は、少なくところをどうしましょうというより、多いところを減らすことの方が意味があります。ボリュームの出やすいところをスッキリさせると解消することが多いんですよ。

MB-HairP1213-004 MB-HairP1213-001

男の人はM字バングと呼ばれているこめかみのところですね。そこが薄くなってくるので、髪の毛をカットする際、通常ですと上に上に向かって切っていくのですが、そのM字バングのところは持ち上げて切るとすごく薄くなってしまいます。なので、割と深い位置から薄くならないようにそこに厚みを持たせるようにカットすることがいいと思います。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます