• TOP
  • 新商品・イベント
  • 2021年「10月生まれベビーの名づけトレンド」は〝楓・葉〟を用いた秋ネームが人気

2021年「10月生まれベビーの名づけトレンド」は〝楓・葉〟を用いた秋ネームが人気(2021.11.23)

ベビーカレンダー10月生まれベビーの名づけトレンド

ベビーカレンダーは、2021年10月生まれの子10,045名を対象に調査した「10月生まれベビーの名づけトレンド」を発表した。

10月生まれの赤ちゃんに人気の名前ランキングTOP20

ベビーカレンダー10月生まれベビーの名づけトレンド

<名前>季節を感じさせる「楓」「葉」を用いた名前が増加

10月生まれの女の子5,194名の名前を調査したところ、名前の種類は全部で2,900種類あった。人気の名前1位は「紬(主なよみ:つむぎ)」、2位「葵(主なよみ:あおい)」、3位「結菜(主なよみ:ゆな、ゆいな)」・「美月(主なよみ:みつき)」という結果に。

年間名前ランキングでも今年初めて1位を獲得した「紬」は、今最もアツイ人気急上昇中の名前だ。8月、9月と2カ月連続で月間ランキング3位であったが、10月は1位となっている。

10月の名づけトレンドは、男女ともに秋の季節感を取り入れた「秋ネーム」が増加していた。10月に増加した名前は「楓(主なよみ:かえで)」。

楓はカエデ科の紅葉する木の総称で、秋冬生まれの赤ちゃんに毎年特に多く名づけられる名前だ。今年女の子の月間名前ランキングでは9月の23位から、10月は5位へ大きくランクアップしている。

また、注目したいのは「葉」を用いた名前が増えている点だ。古風な印象のある「レトロネーム」の一つで、10月は9位「彩華(主なよみ:いろは)」、15位「柚葉(主なよみ:ゆずは)」、18位「琴葉(主なよみ:ことは)」とTOP20に3つランクイン。

秋の紅葉をイメージできること、近年人気の「読みやすく親しみやすい漢字を用いた、古風な印象のあるレトロネーム」の人気が相まって、増加したのかもしれない。

10月生まれの男の子4,851名の名前を調査したところ、2,933種類の名前のバリエーションがあった。その中で最も多く名づけられていたのは、「湊(主なよみ:みなと)」。

年間順位でも2020年の5位から、2021年は3位へランクアップしており、近年人気の高い名前だ。2位は「大翔(主なよみ:はると)」、3位は「碧(主なよみ:あおい、あお)」であった。

また、男の子の名前も「楓(主なよみ:かえで)」が6位にランクイン。秋になると増える傾向にあり、9月は10位であったが、10月は6位へ順位を上げている。

さらに「楓」を用いた名前「楓真(主なよみ:ふうま)」は、9月100位圏外であったが、10月は8位にランクインしており、特に10月生まれの男の子に人気が高まったことがわかる。

「碧」「樹」「暖」「楓」「凪」など女の子にも名づけられている名前が上位にランクインしており、昨今話題となっている、性差を感じさせない「ジェンダーレスネーム」への関心の高さがうかがえる結果となった。

10月生まれの赤ちゃんに人気のよみランキングTOP10

ベビーカレンダー10月生まれベビーの名づけトレンド

<よみ>男の子「と止めネーム」がTOP4を独占

10月生まれの女の子のよみは、8月・9月のランキングとTOP3が変わらず1位「えま」、2位「つむぎ」、3位「あおい」という結果に。

「いろは」は、10月の名前ランキング9位だった「彩葉」のよみとして多く使われており、9月16位から10月は9位へ順位を上げた。

名前ランキング3位の「美月」が、8月29位、9月17位、10月は3位と徐々に順位を上げている影響により、「みつき」というよみが8月34位、9月25位、10月は13位に比例して増加している。

10月生まれの男の子のよみは、1位「あおと」、2位「みなと」、3位「ゆいと」、4位「はると」のTOP4が「〇〇と」とよむ「と止めネーム」。 7位「かいと」、10位「ゆうと」と合計TOP10に6つもの「と止めネーム」がランクインするという結果に。

そして驚くべきことに、ここ数年年間ランキングで1位をキープし続け、月間ランキングで一度も首位を譲らなかった「はると」が1位から陥落。「あおと」に1位の座を明け渡した。

また、名前ランキング8位に「楓真」が入ったことにより、「ふうま」というよみも急増。9月は90位であったが、10月は24位へ大きくランクアップしていた。

10月生まれの赤ちゃんに人気の漢字ランキングTOP10

ベビーカレンダー10月生まれベビーの名づけトレンド

<漢字>「楓」が人気、ジェンダーレスネームの影響も

10月生まれの女の子に人気の漢字1位は「結」、2位「愛」、3位「美」であった。8月の人気漢字1位は「夏」であったが、9月は12位、10月は27位と順位が下がり、秋冬に向けて減少していく傾向にある。

一方、秋冬にむけて増加する漢字「楓」は8月58位、9月33位、10月は17位と順位を上げており、123名に名づけられていた。

「楓」を用いた名前では、「楓」のほか、「楓乃(主なよみ:かの)」、「楓菜(主なよみ:ふうな、かんな)」、「楓果(主なよみ:ふうか)」、「楓奈(主なよみ:ふうな、かんな)」、「結楓(主なよみ:ゆいか、ゆか)」、「彩楓(主なよみ:あやか、さやか)」など、全48種類のバリエーションで名づけられていた。

10月生まれの男の子に人気の漢字1位は「翔」、2位「大」、3位「斗」であった。「翔」は2019年以降3年連続で年間ランキングでも1位と今男の子の名づけで最も多く使われている漢字だ。

月間ランキングでも2021年3月以降、8カ月連続で人気の漢字1位をキープしている。秋冬生まれに人気の「楓」は8月43位、9月36位、10月18位順位を上げ、88名の名前で用いられていた。

注目は、今年の名前ランキングで人気急上昇となった「碧」。2020年は名前ランキング19位であったが、2021年は7位にランクインし、今年急増している名前の一つだ。10月では、漢字ランキング12位にランクインし、113名に名づけられていた。

「楓」や「碧」など性差を感じさせず、男女どちらにも名づけられることの多いジェンダーレスな名前「ジェンダーレスネーム」を意識的に名づけで取り入れる親御さんが増えていることから、今後も人気が続きそうだ。

調査概要
調査対象:ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された人
調査期間:2021年10月1日(金)~10月25日(月)
調査件数:10,045件(男の子:4,851件/女の子:5,194件)

関連情報
https://baby-calendar.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます