• TOP
  • モテ講座
  • 「アメリカ」と「イタリア」と「韓国」のイケメンは何が違う?

「アメリカ」と「イタリア」と「韓国」のイケメンは何が違う?(2016.05.02)

世界で1400万回再生されている動画

image001

https://www.youtube.com/watch?v=tneKwarw1Yk

男性美容に関してリサーチをしていたところ、こんな動画に巡り合った。「Men’s Standards Of Beauty Around The World」と題されたこの動画、和訳するならば「国別、理想の美しい男性像」といったところだろうか。動画では、実際に12カ国の男性を例に挙げて理想の美しい男性像を紹介している。(元の調査記事はこちら)。それでは動画内からチョイスした3カ国の基準でみる「美しい男」を見ていくとしよう。

アメリカ

1

ナチュラルに育まれた筋肉質な体、洗いざらしの長髪、顎を覆う髭にチェックのシャツ……大自然でワイルドに生きる木こりのような風貌が近年アメリカではセクシーとされ、「Lumbersexual(木こりのlumberとセクシーをかけている)」という造語も登場するほど。自然と鍛え上げられた肉体、飾らない髪型、野性味を感じさせるパーツ(髭)という、わざとらしくなく、生活をしている延長線上に存在する男性らしさに美が見出されている。

ちなみにアメリカでは「Lumbersexual」の他にも、美意識が高くスキンケアやファッションに敏感な都会派の男性を「Metrosexual」、料理が得意でホームパーティーなどを開いて人をもてなすのが好きな男性を「Gastrosexual」と、多くの人種が集まるアメリカらしく、多様なモテ男の種類が存在するようである。

イタリア

2

イタリアはファッションの国だけあり、上質に仕立てられた服、気負わない色使い等、オシャレに対して丁寧であることに魅力を見出している。ピンクや紫といった女性的な色であってもファッションにうまく取り入れるのがイタリア風。そして、何より大事なのが「実際の感情、思惑を表面に出さない」という意味のSPREZZATURAという言葉通り、ファッションにも鍛えた肉体にもスキンケアに関しても、その成果に対して努力の影や苦労を全く感じさせないことが美しさとされるようだ。

韓国

3

K-POPが世界的に人気の韓国では「鍛え上げられた肉体」「やさしさ」「メイクアップ」というポイントを抑えてこそ美しいとされている(メイクアップ!?と思うかもしれないが、K-POPアイドルの男性の目元を引き締めるアイラインはエンターテイメントのくくりで見ればエキゾチックそのもの)。洋服も最先端の流行を追ったものを身に付けるという点からも、見た目が完璧であることは美しさの絶対条件だということがわかる。2013年時点でメンズコスメの売り上げが日本円にして約6500億円に迫るほどであり、美容に関しても抜け目がない。また、美しさを求める姿勢はコスメにとどまらず、より美しくパーフェクトな造形を目指して整形も盛んの様子だ。

と、3カ国を取り上げてみたが、国によって美しさのポイントは全くといっていいほど違った。そして、日本にはこういった確立された理想の男性像が統一されていない分、挙げられた各国の特徴から自分のなりたい理想像を追うことができることに気付いた。ひとまず「鍛え上げられた肉体」だけは万国共通と言っていい美しい男性の条件なので、肉体改造から美しさに近付くことから始めてみよう。

文・RYO KANAZAWA

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます