脂を飲んで痩せる?脅威の脂肪燃焼サプリメントとは(2016.05.08)

こんにちは、編集の加藤です。肉体改造計画が始まってから早1ヶ月が経ちました。「半年くらいかけてゆっくり痩せていこう」と考えていたので、それほど食事の制限をしていなかったのですが、この前とうとう島田トレーナーに「加藤さん、体重減らなすぎ」と怒られてしまいました。そんなこと言われたって仕事忙しいときは無理だもの……。という言い訳をしたところ、島田トレーナーが、「痩せるために飲むサプリメントがある」と紹介をしてくれました。今回は、今現在、加藤も飲んでいる「体脂肪の燃焼させるサプリメント」をご紹介していきます。

P3080445

P3080446

フィッシュオイル

フィッシュオイルとはEPA、DHA、αリノレン酸などを含むオメガ3系(n-3系)脂肪酸のことで、人体で生成できない為、食品から摂取する必要のある必須脂肪酸のこと。アジやサバなど青魚から摂取できることで知られていますね。様々な健康効果が期待でき、中性脂肪や悪玉コレステロール値の低下、脳細胞の活性化、抗炎症効果、アレルギーの改善、ガンの抑制などがあげられます。価格はおおよそ1500円くらいで購入しています。

SNS-00177-3

PPARの活性化

フィッシュオイルはPPAR受容体を活性化させ、脂肪燃焼を促進する働きがあります。PPAR(ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体)とは脂肪のβ酸化(代謝のために必要な成分を取り出すこと)を活性化さたり、脂肪細胞内の分化を促進して脂肪蓄積を促進する活性をもつ受容体のことです。

SREBPを減らす
SREBPは肝臓において脂肪酸、中性脂肪(トリグリセリド)合成に関与する転写因子です。特にSREBP1cと言う種類がインスリン抵抗性を引き起こすこともわかっています。SREBPが増加すると肝脂肪や肥満の原因となります。

CLA(共役リノール酸)

CLAはホルモン感受性リパーゼを活性化させて、体脂肪を燃焼しやすい状態にします。ホルモン感受性リパーゼとは脂肪細胞から中性脂肪を分解して血液中に遊離脂肪酸を放出させる酵素のこと。遊離脂肪酸はエネルギーとして利用され体脂肪は減少してきます。価格はおおよそ3000円くらいで購入しています。

MRM-14004-8

免疫機能の向上(グルタチオン生産の増加)

CLAを摂取すると体内のグルタチオン生産が増え、抗酸化作用、解毒作用、抗アレルギー作用、免疫向上作用が期待できます。また、CLAにはインスリンの感受性を高める効果があり、インスリンの感受性が増えると、より多くのエネルギーが細胞内に送り込む事ができます。

アンチカタボリック効果
ダイエット中は低血糖状態の為、筋肉の分解も進みやすい状態になります、CLAには枯渇した糖の代わりに体脂肪をエネルギーとして優先利用してくれる効果があり、ダイエット中に摂取することで体脂肪をエネルギーとして利用し、筋力の分解を防ぐことができます。

1カ月飲み続けましたが、どちらもこれといって副作用は感じません。薬ではなくサプリメントなので当たり前ですね。ただ、フィッシュオイルに関しては、最初の1週間ぐらいゲップがずっとサバの塩焼きを食べた後みたいでした(笑)。そこだけ我慢すれば、飲んでいるだけでも痩せられるので、お得なサプリメントかと思います。

飲み方は、朝起きて3錠づつ、15時に3錠づつ、18時に3錠づつ、就寝前に3錠づつ、と結構な頻度で飲みます。これは、代謝が高い状態をキープするためなので、本格的にダイエットしたい人はこれくらいの頻度で飲むべきと島田トレーナー。また、加藤と伊藤は、先ほど挙げた時間にプロテインも飲んでいます。これは、筋肉の分解を阻止するためでもあり、せっかく上げた代謝を減らさないためです。

そんな訳でジムトレーニングはほとんどできていない加藤ですが、サプリのお陰で徐々に脂肪が減ってきているので、このまま継続していきたいと思います!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます