• TOP
  • オーラルケア
  • フレーバー付きデンタルフロスで歯垢を徹底除去!口臭・虫歯を防止する有力手段『リーチ デンタルフロス クリーンバースト ペパーミント』

フレーバー付きデンタルフロスで歯垢を徹底除去!口臭・虫歯を防止する有力手段『リーチ デンタルフロス クリーンバースト ペパーミント』(2022.02.11)

リーチ デンタルフロス

デンタルフロスは、虫歯予防や口臭抑制のためにもぜひ持っておきたいものだ。

もちろん、公衆の面前でデンタルフロスを使用するなどというのはオトコとしてまずい。

だから、歯の掃除は就寝前に行う。事前に歯磨きをした上で、だ。デンタルフロスはプラスアルファだが、それはオトコを磨くための有力な手段でもある。

今回はドラッグストアでも簡単に手に入る『リーチ デンタルフロス クリーンバースト ペパーミント』という製品を試してみたい。

歯垢をゴッソリ!

歯垢は口臭の大元である。これを手に取り臭いを嗅いでみると、何もかも嫌になるほどの気分に襲われる。

だが言い換えれば、歯垢を除去すれば口臭を大幅に抑えられるということだ。

しかし、どんなに歯磨きをしても除去し切れない歯垢というものがある。

これを取るためには、デンタルフロスで歯と歯の間を擦るしかない。

リーチ デンタルフロス

というわけで、『リーチ デンタルフロス クリーンバースト ペパーミント』を開封してみる。

まず感じたのはペパーミントの香り。まるでチューインガムのような匂いだ。フレーバー付きのデンタルフロスというのは、筆者は初体験である。

リーチ デンタルフロス

これを適度な長さに切り、歯を掃除する。歯と歯茎の隙間にも入り、歯垢を巻き込んでしまう。

とりあえず上下の前歯の部分を綺麗にしてみよう。そしてここまで使用したデンタルフロスを観察する。

案の定、歯垢がベットリ。臭いも強烈だ。歯磨きをしたはずなのに、まだこれだけの歯垢が歯に付着していたのか!?

さすがに嘆かずにはいられない。

マスク生活と口臭

リーチ デンタルフロス

これを就寝前にやっておくと、心なしか口内がスッキリする。

今はまだ外出時のマスクが欠かせない状態だが、筆者としては「だからこそ口臭ケアを身に着けよう!」とここで提唱したい。

筆者自身、マスクにこもった口臭には散々ウンザリさせられていた。

新型コロナウイルスというものが登場する前は、そのせいでマスクが嫌いだった。

もちろん今は、そんなことも言っていられない。そしてマスクを頻繁に着用する生活を送るうち、「口臭をどう抑制するか」ということに真剣な考えが及ぶようになっていた。

デンタルフロスを始めとする「徹底的な歯垢除去」に本腰を入れるようになったのは、この頃からである。

パンデミックは「気づき」を与えた

新型コロナがあったからこそ美容やエチケットや身だしなみに気を遣うようになった、というのは逆説的かもしれない。

が、100年に一度のパンデミックは災禍と同時にある種の「気づき」を人類に与えたのではないか。

デンタルフロスを使った口内ケアで口臭を抑え、オトコとしてのレベルを上げる。雪解けの時期に備え、今のうちに的確な歯垢除去法をマスターしておきたい。

関連情報

http://www.reachoral.com/ja/products/view.jsp?reqPageNo=1&s_part=7&no=95

 

取材・文/澤田真一

 

その他の情報はこちら

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます