• TOP
  • ビジネスマナー
  • 鏡で自分をよくチェックする人は実感年齢が若い?プロが教える鏡を見るポイントとは

鏡で自分をよくチェックする人は実感年齢が若い?プロが教える鏡を見るポイントとは(2022.02.12)

実感年齢パワールック

普段、鏡をどのくらいチェックしているだろうか。実は、鏡で自分の身だしなみなどよくチェックする人は、自分自身が実感する年齢が若いという調査結果がある。

実はこの鏡を見る行為は、身だしなみのプロにいわせれば、思っている以上の価値があるという。そこで今回は、パーソナルスタイリストに、鏡を見るメリットやチェックすべきポイントを聞いた。

「実感年齢」が若い人ほど鏡をよくチェックする!?

サントリーウエルネス株式会社がこのほど、全国約1万人に調査した「日本全国実感年齢白書2022」を発表した。「実感年齢」とは、実際の年齢とは別に、自分自身で感じる自分の年齢のこと。

統計をとったところ、実感年齢が実年齢より若いと感じている人の特徴として、健康や容姿への満足度が高く、同時に幸福度や仕事、人間関係などの生活全般においても満足度が結果となった。

そのうち、美容・ファッションにまつわる問いでは、「周りから『若々しい』と褒められる」が65.9%、「自分の姿を鏡でよくチェックするほうだ」が49.0%と、どちらも実感年齢が高いグループの回答よりも、実感年齢が若いグループの回答のほうが20%以上も多い結果となった。

jikkannnenrei

普段から「鏡をあまりチェックしていない」という人は、内心、焦ったかもしれない。

鏡で身だしなみをチェックするメリット

そこで「自分、老化してるかも」「鏡あまり見てないかも」と心配になっている男性に向け、身だしなみのプロに、参考になる意見をもらった。
今回、話を聞いたのは、エグゼクティブにパーソナルスタイリストサービスを提供するグラースジャポン代表の友惠絢子氏だ。

30代ビジネスマンの男性が鏡を見て自分の顔や身だしなみをチェックすることは、どのようなメリットがあるだろうか。物理的なメリットと心理的なメリットをそれぞれ聞いた。

1.物理的なメリット

「見た目はアイデンティティを確立し、社会や他人とつながるためのコミュニケーションツールです。自分の顔や身だしなみをチェックすることは、対面コミュニケーションの『シミュレーション』ですから、コミュニケーションスキルの向上につながります。

第一印象は3秒で決まり、ノンバーバル(非言語)メッセージはその9割を占めるといわれます。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンは、第一印象が形成される割合について『視覚情報:55%・聴覚情報:38%・言語情報:7%』と発表しました。つまりどんなに良い話をしても、話の中身より見た目のほうが圧倒的に優位であるということが読み取れます。

できるビジネスパーソンには、鏡を見て自分の顔や身だしなみをチェックする際に、自分の見た目を『メディア』としてとらえていただきたいです。例えば、鏡に映し出された自分の姿をさらに引き立てる『パワールック』があれば、着こなしについて褒められるのはもちろん、物事が円滑に運んだり、人との出会いに恵まれたりと成功体験が増え、服に投資した価格以上のリターンが期待できます。見た目は、素晴らしい肩書きの名刺以上に効力のある最強のPRツールとなり得るのです」

2.心理的なメリット

「成功体験が増えることで、自信につながるのはもちろん、実は鏡を見ることそのものにより心理的に安定し、自信が増幅するということがわかっています。ハーバード大学では、ビジネスパーソンが仕事中に疲労やイライラを感じたとき、鏡で自分を映し出すことによって、疲労やイライラが軽減したという研究結果が発表されています。

また鏡で自分の顔を見ているときは意識的に良い顔を作っていることが多く、自然に魅力的な笑顔を体得できるだけでなく、その自信に満ちた表情を見ることで、客観的に冷静になれるのと同時に表情がそのまま感情になる。つまり鏡の中の自分を見つめることで自信がみなぎってくるのです」

鏡を見るときにチェックすべきポイント3つ

鏡を見ることは思った以上のメリットがあることがわかった。そうとわかれば今すぐ始めたい。普段、鏡を見るときにチェックすべきポイントは?

1.至近距離だけでなく、角度や遠目の印象もチェック

「他人の視線は自分が鏡で見ている正面ではないことが多いため、死角になっている箇所や全身バランスもチェックしましょう。自分の顔は直接見ることができません。また、鏡に映る姿は反転しており、他人が見ている自分とは違って見えているため、時々モニターや写真での見え方もチェックしましょう」

2.末端に手を抜かない

「末端にあたる箇所、例えば髪の毛の襟足や爪が整えられているか、ジャケットやシャツの袖丈、パンツの裾丈の長さ、靴や靴下のコンディションやTPOに合っているかなどは、手を抜かないようにチェックを。

実際、ある30代ビジネスマンがエグゼクティブとの商談で履く靴の間違いを指摘され、商談が流れたり、金融マンが富裕層のお客様のご自宅訪問時に『靴の汚れは心理的な乱れ』とお叱りの電話が入ったりしたエピソードがあります。末端を気遣えるということは、意識が高い証拠ですが、視覚的なメリハリも出るため、好感度がぐっと上がります」

実感年齢パワールック

3.生活習慣の見直しにも活用を

「鏡に映る姿は、日々の生活や心理面のマネジメントをしていく上でのバロメーターにもなります。顔は私たち人間にとって感情や思考を映し出すスクリーンで、人間の身体の特徴は遺伝だけでなく、かなりの部分が後天的な要素でつくられています。毎日の体の使い方、生活習慣や心理状態は、骨格や肌を醸し出す雰囲気も変えてしまうのです。この発想に至ったとき、鏡で自分自身をチェックすることによる可能性は無限に広がります」

鏡を見ることは思った以上に重要であることがわかった。しかし、自分では見過ごしがちな部分がある。そこで友惠氏は、第三者の客観的な視点を取り入れ、ブラッシュアップするのを勧める。今の自分に満足できていない、自己満足で終わりたくない、さらに高みを目指したいという場合は、プロに一度任せてみるのも一つの方法だ。

取材協力/友惠 絢子(ともえ・じゅんこ)さん

junko_tomoe

株式会社グラースジャポン 代表取締役
パーソナルスタイリスト・イメージコンサルタント
大学にて被服学・被服心理を専攻、渡欧しロンドンの国立芸術大学にて学ぶ。
天皇陛下や海外国王からの褒章、記者発表、TV出演、出版・講演、大使館イベントなど、重要なシーンでのエグゼクティブのプレゼンスを支援。一部上場企業を始め、VIP、経営者、文化人の実績多数。
https://www.grace-japon.com/

調査出典
サントリーウエルネス「日本全国実感年齢白書2022」
https://www.suntory-kenko.com/contents/aginglabo/jikkan_nenrei/hakusyo.aspx

 

取材・文/椎原あゆみ

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます