• TOP
  • モテ講座
  • 俺の革靴に黒カビが!頑固な汚れを除去する最終兵器『レノマットリムーバー』

俺の革靴に黒カビが!頑固な汚れを除去する最終兵器『レノマットリムーバー』(2022.02.19)

サフィールレノマットリムーバー

革靴にとっての最大の敵・カビ。こればかりは筆者も太刀打ちできかねる難敵だ。

もっとも、白カビならまだ対処しやすい。中性クリーナーでサッと吹けば何とかなる。

が、問題は黒カビだ。字に書くことすら忌々しい、あの黒カビである。

もしも我が愛しの革靴に、黒カビが付着してしまったら?

今回の記事では「カビ対処法」について書いてみたい。

持ち主の心がけが反映される「防カビ性能」

さて、革靴のカビは当然ながら「発生させないのが一番」である。

これは、その靴を販売店から購入した瞬間に始まる戦いでもある。筆者の場合、箱から出したばかりの靴はとりあえず防カビ剤配合のクリーナーで拭き、乳化性クリームをつけ直すようにしている。

そしてフッ素系の防水スプレーも忘れない。これがスエードのような起毛皮革であれば尚更だ。

そして日頃の靴磨きは、革表面に防カビ性能を与える作業でもある。

従って、まったく同じ靴でも個体によって「カビに強い、弱い」がある。それはもちろん、持ち主の心がけが反映される部分だ。

「EUの問題児」レノマットリムーバー

が、それでもカビが生えた場合は?

白カビなら、冒頭に書いた通りまだ対処がしやすい。ところが黒カビが革に付着した場合、なかなか厄介……どころか、取り返しのつかない事態になってしまうことも。

白カビはあくまでも革表面に発生するものだが、黒カビは革内部まで侵食してしまう。

除去の難易度で言えば、白カビよりも黒カビのほうが圧倒的に高いのだ。

では、どうするか。最も確実なのは業者に出すことだが、その前に自分の手でできるだけのことをやってみよう。

今回使うのはサフィール『レノマットリムーバー』である。

サフィールレノマットリムーバー

サフィールはフランスのシューケア用品ブランドだが、このレノマットリムーバーはEUの問題児でもある。

非常に強力かつ有毒の有機溶剤で、蓋を開けた瞬間から化学臭がこちらに伝わる。皮膚刺激性があり、なおかつ火気厳禁。GHSに基づくラベルも貼られている。

サフィールレノマットリムーバー

全てを剥ぎ落すクリーナー

が、危険がある分だけ汚れや菌を除去する能力も高い。

使用前に、レノマットリムーバーの瓶を振って中の液剤の成分を均一にする。

混濁液になったら、それをクロスにつけて靴を拭く。脂汚れやカビを溶かして拭き取る仕組みのため、力を入れて擦る必要はない。

サフィールレノマットリムーバー

これで改善されない汚れは、業者に出したほうがいいだろう。

逆に言えば、それだけ強力な洗浄作用がレノマットリムーバーにあるということだ。

黒カビは侵食具合によっては落とし切れないかもしれないが、白カビ程度なら綺麗さっぱり落としてしまう。

同時に、それまで塗布してきたワックスやクリームも一気に剥ぎ落とす。

故に、レノマットリムーバーを塗布した後は必ず新しい栄養を補給してやる必要がある。

事後のシューケアは1日がかり

この場合、筆者がよく使うのはLeather Honey『レザーコンディショナー』である。

これを靴全体に塗布し、一晩置く。その上で乳化性クリームを塗り込んでブラッシングする……という手順。

即ち、レノマットリムーバーを使う場合は事後のシューケアが1日がかりになるということだ。

通常のシューケアであれば、クリーナーは水性のものでまったく構わない。

何かしらの理由で汚れをガッシリ落としたい時にだけ、レノマットリムーバーを使うようにしたい。

サフィール『レノマットリムーバー』
http://saphir-jp.com/product/%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC/

 

取材・文/澤田真一

 

その他の情報はこちら

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます