• TOP
  • スキンケア
  • 効率重視のデキる男にぴったりなスキンケアとは?【PR】

効率重視のデキる男にぴったりなスキンケアとは?【PR】(2016.05.16)PR

化粧水、美容液をつけて、乳液もつける。スキンケアは大事と思っていてもたったの3ステップとはいえ、商品を揃えて、毎日続けるとなると面倒と感じてしまうのは仕方がない。

そこで強い味方になってくれるのが「オールインワン」のスキンケアアイテムだ。これだけつければOKというシンプルさゆえ、気になっている人も多いのではないだろうか?

今回は、リニューアルしたファンケル メンの『メン オールインワン スキンコンディショナー』と、『メン フェイス ウォッシュ』を使ってみたのでレビューしていこう。

P4200611

女性向けの商品が多いファンケル化粧品だが、今回のメンズ商品リニューアルでは、「男のことは男にしか分からん!」ということで、商品企画から開発、研究員に至ってまで、チーム全員を男にして作ったという気合いの入りっぷりだ。

まずは、『メン フェイス ウォッシュ』から。洗顔は泡立てが肝心で、キメの細かい弾力のある泡で洗ったほうが、肌に摩擦の負担をかけず、皮脂も絡め取ってくれる。泡で出てくるタイプの商品はいくつかあるが、こちらはなんと……!

P4200603
手に出してひっくり返しても落ちないくらいしっかりした泡が出てくる。

P4200602

拡大して見てみると、本当に泡が細かく小さいのが分かる。手だけでこれを作ろうと思ったら結構大変。いくら洗顔は泡が命とはいえ、毎回この泡を作り出すのは時間がかかりすぎてしまうので、それこそ効率が悪い。

それが押すだけで出てくるというのは、スキンケア初心者にも、熟練者にも嬉しいところだ。

P4200593

泡がへたらないので、顔と手の間に泡をクッションのように挟むことができる。これが洗顔の理想形で、手が直接、顔の肌に触れず、泡のみで優しく洗うのが、美肌男子への近道だ。

P5120878

キメ細かさの秘密は、ポンプ内に3枚のメッシュを使用していること。泡のキメにも驚いたが、個人的には、写真のように片手で押しても泡が出せる点がポイント高し。

泡で出てくるタイプの洗顔は、そのまま一気にシェービングまでできるのも利点だが、ちょっと泡が足りないなーと思ったときに右手にカミソリを持ったまま、左手で泡が出せると便利なのだ。

ちなみに、洗い上がりの肌はもっちりという言葉がぴったりくるだろう。汚れや余分な皮脂は落ちているが、肌のうるおいはキープした状態。

男性向けの洗顔料で、脂をよく落としてくれ、メントールでサッパリ!というものがあるが、メントールなどの成分は、実は肌の負担になる場合もある。大人の肌は、きちんとうるおいを残して洗える洗顔料を選んだほうがいい。

”サッパリ感”だけじゃない洗顔を実感するには『メン フェイス ウォッシュ』はぴったりの商品だと言えよう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます