第一印象を上げる男のフレグランス活用術(2015.10.09)

加齢臭や汗臭など、イヤなニオイは無意識のうちに発生してしまうため、知らぬ間に周囲に不快感を与え、自分の評価を下げてしまうことも多い。

だが、世の男性たちは自分のニオイに対して鈍感だ。ユニリーバ・ジャパンが行なった調査では、男性が身だしなみを気にする際に意識するきっかけのトップは「女性の視線」という結果が出ているが、男性が意識している身だしなみのポイントは、女性が意識するそれとは大きなズレがある。男性が意識するポイントは1位が“髪”であるのに対し、女性の1位は“体臭”となっているのだ。

9割の男性が何らかのケアが必要なワキ臭

また、マンダムが10代から60代の日本人のワキ臭レベルを調べたところ、9割の男性が何らかのケアが必要という結果が出た。しかも、そのうちのの半数は自分のニオイに気づいていないというのだ。ビジネスシーンにおいても、初対面の人の見た目や身だしなみについてニオイ(体臭)はどの程度マイナスに影響するかという調査で、女性のなんと96.3%が「マイナスになる」と回答している。

DM-002 DM-003

このように、ニオイは深刻な問題であり、最近では“スメハラ”という言葉まで使われるようになるなど、軽視できない問題になっている。ニオイは必ずチェックしなくていけない男の身だしなみのひとつなのだ。
そこで今回は、フレグランス(香水)の活用法について紹介したい。日本人の男性は外国人男性に比べて香水を使う人は少ないといわれている。どちらかというと、無臭を好む男性が多いのだ。だが、香水を効果的な使えるようになれば、ニオイ問題を解決するだけでなく、好感度も上げることができるのだ。だが、使い方を間違えてしまうと、完全に逆効果でさらに不快感を与えることになる。今年の夏は、TPOに合わせて、スマートに、フレグランスを使いこなせる男性をめざしてみよう。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます