• TOP
  • 新商品・イベント
  • 6月30日まで!花を食らう!ホテル椿山荘東京の「ハーブ&エディフルフラワー」コース、実食レポート

6月30日まで!花を食らう!ホテル椿山荘東京の「ハーブ&エディフルフラワー」コース、実食レポート(2016.06.20)

「食べられる」(edible)、「花」(flower)をかけあわせた「エディブルフラワー」(食用花)という言葉を耳にしたことはあるだろうか?

「花を食べる」と言われるとイメージつかない人も多いだろうが、実は花を食べる文化は世界中に存在する。日本で一般的に食べられている「ふきのとう」や「菜の花」も立派なエディブルフラワーだ。

a8bdda4e51162e1afae00420ea76a5d4_s

見た目に美しい「エディブルフラワー」は、最近の健康志向の高まりとともに、栄養価の高さが再評価され始めている。たとえば、バラにはバナナの10倍の食物繊維が入っており、キンギョソウはイチゴの4倍のビタミンCを含むという。

そんななか、昨年、いち早くスーパーフードを使ったコース料理を考案した「ホテル椿山荘東京」が、前菜、スープ、メイン、デザートにハーブやエディブルフラワーを散りばめた、コース料理「ハーブ&エディブルフラワー」の提供をスタートした。

今回は、2016年4月より始まった、その第2弾となるメニューをレポートしていこう。

1 2 3 4 5
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます