• TOP
  • ヘルスケア
  • 健康に自信があっても、10人中9人がかくれ栄養不足だった…

健康に自信があっても、10人中9人がかくれ栄養不足だった…(2016.06.28)

近年、家族形態の変化や食生活の乱れから様々な栄養が不足していることがささやかれている。

国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると、性別・年代別に状況は違っても、栄養バランスが日本人の食事摂取基準の推奨量(同省)に満たないというデータが示されているそうだ。

そこでキリン・トロピカーナ株式会社は、「食生活と栄養に関する意識調査」を行い、自分の栄養バランスに自信がある人とそうでない人々の意識を調査し、さらに「自分の栄養に自信がある」及び「やや自信がある」と答えた人の中から10名の方に血液検査を実施したのでその結果をお知らせしよう。

gahag-0051062189

【調査結果】
■自分の栄養バランスに自信がある人10人のうち9人がかくれ栄養不足と判明!
⇒意識調査の中で自分の栄養バランスに「自信がある」、「やや自信がある」と回答した10名に対し血液検査で栄養解析を実施。そのうち9名が、「顕著な栄養障害が見受けられる」という最低ランクの総合評価Dと診断された。

■自分の栄養バランスに自信がある人は約4人に1人未満。年代が上がるにつれ割合が増えていく
a1
⇒働きざかりで、家庭を支える30-40歳代においても自信のある人は20~23%で男女でも差がみられなかった。50代、60代と自信がある人の割合は増えていき、60代女性では約40%が自信があると答えた。
a2

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます