日本茶ソムリエがセレクトしたオーガニック和紅茶で夏バテ予防!(2016.07.20)

夏の熱さや冷房で弱ってしまった体をいたわってくれる紅茶、インドなど海外産の茶葉が有名だが日本にも産地があることを知っていただろうか。

オーガニック栽培の日本茶販売を行うサウダージティー株式会社は、国産の紅茶「和紅茶」を7月下旬から発売を開始する。和紅茶シリーズは、お茶の銘産地の鹿児島県霧島、佐賀県嬉野、奈良県月ヶ瀬の3地域からセレクトされている。

main

和紅茶は、インドやスリランカなどの海外産紅茶と比べて渋みや苦みが少なく、まろやかな自然な甘みが感じられるのが特徴。

海外産紅茶には無い和紅茶特有のテイストは、新たなニーズを開拓するお茶として注目を浴びており、国内生産量はまだ少ないながらも年々増加している。

サウダージティーの和紅茶3種は、産地が異なるのはもちろん、茶葉の品種もそれぞれ異なっている。月ヶ瀬和紅茶は「さやまかおり」、嬉野和紅茶は「やぶきた」と緑茶系品種の茶葉、霧島和紅茶は「べにふうき」という紅茶系品種の茶葉で作られているのだ。

sub1

化学肥料や農薬に頼らないオーガニック栽培のお茶は、産地の土壌や環境の特徴が茶葉に反映されやすく、3地域の和紅茶はそれぞれ異なるテイストが楽しめる。

【関連情報】

http://www.saudadetea.com

文/編集部a

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます