• TOP
  • スキンケア
  • 商談前の新習慣!? デキる男が「頭蓋骨矯正」を受ける理由

商談前の新習慣!? デキる男が「頭蓋骨矯正」を受ける理由(2016.08.05)

ビジネスパーソンにとって、清潔感や爽やかさなど相手に良い印象を与える努力は当たり前のものとなってきました。しかし、毎日の手入れではどうにも変えることのできないのが「顔の大きさ」。

舞台役者は映えるから顔が大きいほうが良いなんて言われますが、大抵の職業、というよりモテるためには小顔のほうがいいですよね。今回はそんな希望が叶う、整形ではない、たった70分のマッサージを受けるだけで小顔になれるエステにチャレンジしてきたのでレポートします。

行ってきたのは東京ミッドタウンにある「Noage(ノアージュ)」。Men’s Beautyで連載もしてくれている今泉明子先生が院長を務めるクリニックです。

今回はこちらのメディカルメンズエステ「小顔フェイシャル」を受けてみます。男性専用のコースで、ストレスやパソコン疲れで固まった首や腰も癒してくれるというコース。選択すると眉のケアまでやってくれるという至れりつくせりぶりですが、こちらのメインはなんと言っても「頭蓋骨矯正」!

ええ、言葉の響きからして痛いですよ。でも、顔小さくなるんです。

良薬は口に苦し、ならず、良術は頭が痛しなわけです。

商談前に使える!小顔になる頭蓋骨矯正

まずは、肌の洗浄から始まります。毛穴の汚れや肌のざらつきをしっかりクレンジング。ミルククレンジングタイプの、肌にダメージの少ないクレンジング剤を使用しているそうです。

DM-001

専用のパフで毛穴に詰まった皮脂の汚れまで除去してくれます。

DM-002

ここからは選択メニューで、その人にあったケアを施してくれます。今回は、顔色をより明るくしたいので、角質ケアができるピーリングでお願いしました。

DM-003

出るわ出るわ。でも、この白いのが角質というわけではないんです。これは薬剤が固まったもの。この塊と一緒に古い角質が取り除けるというわけです。この後は、スチームを当てて保湿していきます。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます