• TOP
  • ヘルスケア
  • 深夜帯のオリンピックで眼疲れてない?「スポーツ観戦」に関する意識調査

深夜帯のオリンピックで眼疲れてない?「スポーツ観戦」に関する意識調査(2016.08.09)

参天製薬株式会社では、このたび、20~50代の男女500名を対象とした、「夏のスポーツ観戦」に関する意識・実態調査を行った。

666566d1414e02b4e5e7a87a1297e363_s

■延長戦やスポーツニュースもチェック…テレビでのスポーツ観戦は、視聴時間が長くなりがち!?

b1

はじめに、「今年の夏、テレビでスポーツ観戦をする予定がありますか?」と聞いたところ、6割以上(62%)が「ある」と回答。

また、今夏は「テレビでスポーツ観戦をする時間が増えそう」と答えた人も60%にのぼりました。さらに、テレビでスポーツ観戦をする時は、「1日あたりのテレビ視聴時間が長くなりやすい」という回答が59%と約6割に。

そこで、通常時と視聴時間を比較してもらったところ、スポーツ観戦時には、1日あたり平均およそ1.7時間もテレビを視聴する時間が長くなるという結果になった。

具体的には、「深夜帯の試合では延長戦も放送することが多いため、結果が気になって見てしまう」(36歳・男性)、「試合の後は、必ずスポーツニュースも見るため長くなりがち」(47歳・女性)などの声があがっている。

■テレビでのスポーツ観戦で「睡眠不足」、半数近くが経験アリ!

また、「テレビでスポーツ観戦をしたことで、睡眠不足になった経験はありますか?」という質問には47%と約半数が「ある」と回答。

特に、「海外中継は夜になってしまうことが多く、リアルタイムで見ようと思うと深夜になってしまう」(32歳・女性)「ゴルフ中継は早朝がほとんどなので、睡眠時間を減らして見ている」(56歳・男性)など、いつもは寝ている時間に試合があった時には、特に睡眠不足になりやすいことがわかる。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます