本格的な夏到来!やり過ぎないムダ毛ケアで爽やかな男前肌を手に入れる(2016.08.21)

_MG_7053-02

今回は剃った前後の違いを明確にするため、3mmのアタッチメントを使用した。使い方は本体の電源ボタンを自分に向くように持ち、外側から内側に向かって動かす。毛の長さに逆らうように剃っていくのが基本だ。その際、ヘッド=刃面が皮膚から浮かないように注意すること。

_MG_7044

_MG_7152

説明するまでもなく、上が剃る前、下が剃った後の写真。剃る前の写真だけを見ると、それほど違和感はないが、処理後と比べると違いは歴然。スタッフからも驚きの声が上がった。しかも清潔感に加えて、肌色のくすみが消え、より健康的な肌色に変わった印象もある。

_MG_7082

次はワキ。男性は女性とは違いある程度は残しておきたいが、それでも熱帯雨林状態では避けたい。使用に際しては、基本的にヒフがたるんでいるとボディシェーバーのトリミング能力が発揮しづらいので、腕を上げて皮膚を伸ばして剃るのが、きれいに処理するコツ。ワキは一定方向ではなく、本体を持ち替えながら、さまざま方向から動かしていく。

_MG_7051

_MG_7265

まさに〝やりすぎ感〟のない、自然な印象に仕上がった。そんな見た目の印象に加え、最近ではワキ毛が少ないと、ワキのニオイも軽減されるという調査リポートも発表されており、気になる方は試してみる価値はありそうだ。

_MG_7075

そして問題の脚。剃り方は足首からヒザに向かって、こちらも刃面を皮膚から浮かせないように動かしていく。

_MG_7047

_MG_7147

その違いは腕以上に、はっきりと出た。使用前は体毛が脚全体を覆い、写真から〝輪郭線〟のような黒い縁取りも見えるほど。それが見事にクリーンアップ。しかも腕と同じく、清潔感に加えて、肌も明るく健康的な色に変わったようだ。この肌であれば、夏の開放的なファッションも楽しめそう。

ということで、この夏のトレンドを押さえたコーディネートを紹介していこう。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます