本格的な夏到来!やり過ぎないムダ毛ケアで爽やかな男前肌を手に入れる(2016.08.21)

■〝大人キレイ〟を印象付けるベーシックなアレンジ

_MG_7189

シャツとハーフパンツという定番というスタイルながら、シャツはスタンドカラー、パンツは柄物とアダルトな雰囲気を演出。ゆえに足元もスニーカーではなく、ローファーをチョイスした。ドライビングシューズを合わせても楽しい。

シャツ1万5000円、ショーツ1万6000円、靴2万6000円/すべてラブレス(ギルドプライム渋谷)

■定番スタイルを格上げする遊び心と小ワザに注目

_MG_7229

一見するとシンプルで汎用性の高いパターンだが、Tシャツはポケット付き、パンツは裾をダブルとすることで、さりげなく〝遊び心〟を表現。スニーカーをパンツと同じ色にすることで、脚を長く見せる効果も期待できる。

Tシャツ7000円、ショーツ1万6000円/ともにラブレス、靴1万4000円/アディダス(すべてギルドプライム渋谷)

■都会の休日にも映えるビーチリゾートスタイル

_MG_7262

スエードのハーフパンツに加え、サンダルで非日常感を表現。ただし、いわゆるビーサンではなくレザーのサンダルをチョイスすることで、子どもっぽさを排している。パンツもアースカラーで今季のトレンドを押さえながら、落ち着いた印象に。

Tシャツ5800円、ショーツ1万5000円/ともにギルドプライム(ラブレス青山)、その他スタイリスト私物 

今回、ボディシェーバーの取材を通じて、その予想以上の効果を実感することができた。今まで当たり前のように目にしていたムダ毛だが、これがなくなることで清潔感に加え、肌の色も違って見えてきたからだ。

この健康的な肌でこそ、先に紹介したコーディネートも生きてくるというもの。しかもボディシェーバーであれば、約0mmの全剃りに加え、アタッチメントによる3段階のアレンジも可能。

この夏からは洗顔やシェービングと同じように、ムダ毛の手入れも日々のグルーミングのひとつとして加えたい。

スタイリング/水野陽介

撮影/製品:久保田育男(owl)、人物:野口佳那子(owl)

SHOPLIST
ギルドプライム渋谷:03-6419-3091
ラブレス青山:03-3401-2301

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます