貯金しながら痩せる方法とは(2016.09.14)

こんにちは。ヘルスライフプランナーの國本です。9月に入り幾分過ごしやすくなりましたね、皆さんいかがお過ごしですか? 今年の夏もやはり暑く、一日中冷房下で過ごして

仕事終わりにビール、風呂上りにビール、休みの日には昼からビール、BBQにビール…と

とりあえずの1杯が幸せーというあ・な・た!いくら痛風とビールが関係ないとはいえ、夏太りに注意です!!!

実は気温が高い夏は太りやすい季節なのです。というのは、エネルギーを燃やさなくても体温が維持できてしまうため基礎代謝が下がってしまいます。また、新陳代謝に必要なビタミン・ミネラルが汗とともに流れ出てしまうため、どんどん代謝の悪い体になるのです。

世の中省エネ・低燃費とエコが騒がれていますが、脂肪はガンガン燃やすに越したことはありません。出会いの多いこの季節、チャンスをものにするかどうかはあなた次第です。このまま食欲の秋へと、デブスパイラルにはまってしまう前になんとかしましょうね。

STEP 1 日頃の歩数を増やす

いざダイエットに取り組むとなるとやりがちなのが、無理な運動。普段からこまめに体を動かしているならまだしも、怠けきった体に鞭打てば傷つくのは目に見えています。

怪我して動かなくなってデブスパイラルなんてことにも。そもそも、こまめに体を動かしていたなら焦ってダイエットを始める必要にも迫られませんよね。

太る=摂取カロリー>消費カロリーが基本です。

普段からつい食べ過ぎてしまっている人は、ジョギング・水泳・ワークアウトなどを日常的に取り入れたいところ。ですが、まずは歩くことから始めましょう。

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s

学生時代や収入が低かった時代、終電を逃してしまい家路を歩いて帰ったりしていませんでしたか?

昔は何を食べても痩せていたという人は、こんな風に無意識のうちにエネルギーを消費して帳消しにできていたはずです。年齢とともに車に乗る機会なども増え歩く機会が減った分たまりやすくなっているというわけ。

いきなり負荷のかかるスポーツを始めるよりも普段から歩く習慣・機会を増やして脂肪を燃焼しやすい体を作りましょう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます