身だしなみの3種の神器(2016.10.06)

続いては鼻毛やマユといったフェースグルーミングが、これ1台で行なえるマルチユースな「エチケットカッター」を紹介しよう。

エチケットカッター ER-GN20
AP2O8152
オープン価格
外形寸法/高さ146×幅20×奥行き20mm
質量/約37g(乾電池含まず)
電池/単4形アルカリ乾電池×1、または単4形充電式電池×1
使用日数/週1回90秒使用で約1年間使用可能
カラー/-K(黒)、-W(白)

「エチケットカッター」の特徴は先ほども触れたように、これ1台で鼻毛だけでなく、マユ、耳、口周りのヒゲと、フェースグルーミング全般に対応していること。

その秘密はサイドに加え、上部から入ってきた毛もカットする「デュアルエッジ刃」を搭載したことにある。

さらに刃が直接、肌に触れることがない設計ゆえ、鼻や耳などデリケートな部分でも安心して使うことができるのだ。

blo02_01_01_img AP2O8209

さっそく鼻毛ケアから試してみよう。スーツやネクタイ、髪型でフレッシュマンらしい清潔感を演出しても、たった数本の鼻毛が顔をのぞかせただけで、すべては水泡に帰してしまうからだ。

これはビジネスマン全員に言えることだろう。一方、鼻毛はホコリやアレル物質の体内侵入を防ぐフィルターという重要な役割もあり、単純に抜いてしまうのも問題。

毛抜きで内部の粘膜を傷つけ、その傷口から細菌に感染するおそれも否定できない。

その点、「エチケットカッター」は刃が肌に触れることがないので安心。

使い方は先端を鼻の中に入れ、内部で円を描くように動かすだけ。カット中は電気シェーバーのように刃が毛をとらえる音がするので、ケア終了のタイミングもわかりやすい。

blo03_01_01_img

刃が内蔵されたヘッド部は取り外しが可能。ハンドソープなどで洗えるので、常に清潔さをキープできる(※)。
※本体は水洗いできません。

AP2O8216

マユは輪郭を整え、エッジ感のあるマユに整える。マユ尻やマユ山など、ラインからはみ出している毛をカットしていく。

AP2O8211

自分では直接、目にする機会が少ないだけに、関心も低いと言わざるを得ない耳毛。

しかし、「女性が許せないパートナーのムダ毛ランキング」では、鼻毛に続いて堂々の(?)2位にランクインしているのだ。「エチケットカッター」で、しっかりとケアしておきたい。

AP2O8217

ヒゲはデザインヒゲの輪郭作りで活躍。マユと同じようにラインからはみ出たヒゲをカットしていく。さらにアゴの先端やアゴ下、ノド元などの剃り残しのケアにも役立つ。

このように全長146mmのコンパクトボディながら、フェース回り全般のケアが手軽かつ安全に行なえる「エチケットカッター」。ぜひカバンやデスクに常備しておきたい。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます