身だしなみの3種の神器(2016.10.06)

最後はマユを「剃る」「整える」が、1台で行なえる「マユシェーバーキット」だ。

マユシェーバーキット ER-GM20
AP2O8157
オープン価格
外形寸法/高さ161×幅59×奥行き26mm
質量/約30g(マユコーム含まず・乾電池含む)
電池/単4形アルカリ乾電池×1、または単4形充電式電池×1
使用可能時間/連続約40分間使用可能
コーム/A:6mm、8mm B:2mm、4mm
カラー/-S(シルバー調)、-K(黒)、-R(赤)

人間の顔において目がそうであるように、マユもまた、その人の印象を左右する重要なパーツ。

ただし、女性であればメークで個性を演出することができるが、メークの習慣がない男性は毛抜きやハサミを使う人が多いのでは?そこでつきまとうのが、「抜き過ぎ・切り過ぎ」「左右のバランスが合わない」という問題。

悪戦苦闘の末、社会人らしからぬ細身の〝ヤンキーマユ〟になってしまった、では笑い話にもならないだろう。

AP2O8160 AP2O8203

2種類のコームが付属する「マユシェーバーキット」であれば、まず長さ揃えが簡単にできる。

マユコームAは約8mmと6mm、マユコームBは約4mmと約2mmの計4段階のカットに対応。それぞれ設定した長さ以上にはカットされないので安心。左右のバランスも整えやすい。

AP2O8158 AP2O8204

マユの形やラインを整えるには、コームを外した状態で、余分な毛をカットしていく。小幅の刃が採用されおり、マユのキワまで簡単に整えることが可能だ。

AP2O8202 AP2O8206

実地検証として、軽く長さだけを揃えてみた。それだけでもマユのエッジが際立ち、すっきりとした印象に。

手入れ前はそれほど意識しなかったのだが、手入れ後と比較すると、かなりの「ボサボサマユ」だったことを自覚。マユケアの大切さと必要性を改めて確認できた。

AP2O8150

今回は「ポケットドルツ」「エチケットカッター」「マユシェーバーキット」という3アイテムを紹介したわけだが、いずれもコンパクトで手軽に使えるうえ、オフィスでも役立つ〝身だしなみ3種の神器〟とも呼びたい実力の持ち主だった。

打ち合わせや外回り前のさりげないケアで男前度&好感度アップをめざそう。

撮影/久保田育男

文/編集部

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます