つらい腰痛を緩和するポーズ【男のヨガ講座】(2016.11.05)

■三角のポーズ(Utthita Trikonasana)

難易度  体の伸びが気持ちいい!

【効果】
・ウェストの引き締め
・腰痛緩和
・股関節を柔軟にする

両手両足を大きく伸ばして巨大な三角形を表すポーズ。胸を開いて深い呼吸を意識して全身の血の巡りが良くなる。

■STEP1

基本の立ちポーズタダーサナの姿勢から足を大きく開いて(90~120cm)立つ。

■STEP2

左のつま先を90度外側に開き、右のつま先は少し内側に向ける。
息を吸いながら両手肩の高さ(床と平行)に広げる。

■STEP3

息を吐きながら左手先が引っ張られるイメージで股関節から胴体を左にスライドさせる。この時、腰から下の位置は動かさない!

■STEP4

左手を左足の膝以外の置ける場所に置く。右手は天井方向、肩の付け根のライン上に伸ばす。目線は正面かできれば伸ばしている手の指先を見てkeep。

_MG_1272

CAUTION
・横に倒そうとして上体が下を向かないよう胸を開く!
・反対側のかかとが浮かない。
・上体長く、両体側の伸びを感じる。
・なれない間は壁に足と背中をつけて行うと、今の自分の柔軟レベル・胸を開く感覚がつかめる。

■STEP5

吸う息で伸ばしている手に引っ張られるように胴体起こしたら、一度両手下ろしつま先正面に向ける。反対側も同様に行う。

【ヨガのこばなし】

トレーニングジムなどのスタジオメニューで開催されるヨガでもビギナークラスからアドバンスクラスまで豊富なメニューを揃えていますが、大勢に対してクラスは進行していくので大抵のヨガ初心者は置いてけぼりを感じ苦手意識が芽生えてしまいます。

また、いくら「無理はせず」「他人と比較せずご自身のペースで」と言われても競争意識の強い男性諸君は周りのポーズを意識してつい無理をしてしまいがちです。

そうなると正しいポーズの位置が崩れてせっかくの効果も得られないばかりか怪我に繋がる可能性もあります。

そうならないためにも、スタジオデビュー前に基本的な知識としてこちらをご利用ください。

文・モデル/國本さくら 撮影/野口 佳那子(owl)

_MG_1736

元モデルの経験を生かし、男女ともに綺麗に見られる体づくりを提案する美容ライター。ヨガインストラクターの資格も持っており、日常に取り入れられるヨガポーズをわかりやすく解説してくれる。

配信サイト:「Men’s Beauty」
好印象を作る男性美容はもはや必須スキル! ビジネスマンのための美容強化WEBです。

HP:https://beauty-men.jp/

Men’s Beauty公式TwitterやFacebookでも情報を配信中。今すぐフォロー&いいね!

Twitter:https://twitter.com/beauty_mens
Facebook:https://www.facebook.com/otokomaeproject/

キュレーションメディア好評配信中!

antenna公式チャンネル:https://antenna.jp/

SmartNews:https://www.smartnews.com/ja/

カテゴリー設定方法:アプリを開き、上部のカテゴリータブを長押し。最下部の「チャンネルの追加」をタップ。「カテゴリ」内にある「ライフスタイル」をタップ。「ヘルスケア」が出てくるので登録すると、Men’s Beautyの記事が随時配信されています。ほか、「コラム」や「トップ」カテゴリーでも配信中!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます