タオル好きには堪らないラグジュアリーな体験場が2017年にオープン(2016.11.14)

「毎日使うタオルだからこそ、最高品質を」をビジョンとして掲げる、タオル美術館グループは、ラグジュアリーなタオルの使い心地を実際に体験できるタオル専門店として「TOWEL THINK LAB(タオルシンクラボ)」ブランドを、2017年4月20日に開業する、話題のGINZA SIXへ旗艦店としてオープンする。
main
タオル美術館グループでは高級なシャツ生地に用いられる糸(※)をほぼ全てのタオルに使用しているが、TOWEL THINK LABのタオルは原料である綿花に高ランク綿を使用、そして今治の工場で丁寧に創り上げた。

タオル美術館グループ全体の最高水準を示すとともに、さらに未来への可能性へも息づくタオルだ。従来のタオルより吸水性が高いことから、「拭く」のではなく、軽く「当てる」だけで吸収し、肌にもやさしい新感覚、タオルの価値観が変わる。また、柔軟剤等の薬品を全く使用していないため、安心・安全で、環境に配慮した製品だ。※タオル美術館グループが独自に開発した綿糸「fluffy cotton(フルフィーコットン)」は、高級なシャツ生地に用いられる糸と同じ紡績法で作られている。その特別な糸を採用しているのだ。

店舗ではタオルに関するあらゆる知識を携えたタオルのスペシャリスト「タオルコンシェルジュ」が迎えてくれ、さまざまな要望や疑問に対応し、もてなしてくれる。ワインを選ぶように、その時の気分、用途、スタイル、などのあなたが欲しいタオルを案内してくれるのだ。

さらに、店頭には洗面(シンク)があり、実際に使い心地を試せるスペースを設けることで、実際に体験し、最適なタオルを選ぶことで、タオル選びがより楽しく、自分のベストタオルを知ることもできる。

【関連情報】
http://www.towel-museum.com/

文/編集部

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます