• TOP
  • ニオイケア
  • 職場で「気になる」「言いたいけど言えない」ニオイ問題の実情

職場で「気になる」「言いたいけど言えない」ニオイ問題の実情(2015.08.18)

6月に入り、いよいよ、スーパークールビズシーズンに突入。すでに30度越えの厳しい暑さが続いている。株式会社マンダムでは、このシーズンを前に、25〜49歳の働く男女1117名に対し、オフィスでの身だしなみとニオイに関する意識調査を実施した。調査の結果、同僚の身だしなみで「どうにかして欲しいこと」の1位は「体臭」という結果になった。

また、ニオイ(体臭)がキツイと相手の印象は“50点以上”下がるという声も聞かれ、「ニオイケア」もマネジメントが必要なスメルマネジメントの時代に変わりつつあることが明らかになった。

かつてはオヤジ臭いという言葉で一括りにされがちだった男性の体臭。それが、今では年代によって発するニオイや部位が異なることが解明され、汗臭、ミドル脂臭、加齢臭に分類されるまでになった。この時期、自分のニオイが気になり始めた方は、まず、こちらのデータをチェックして、スメルマネジメントの参考にしていただきたい。

◎職場でのニオイ意識と実態

■クールビズシーズンに気になることは、服装より“汗”と“ニオイ”

例年の節電・猛暑の影響か、それともクールビズスタイルが定着してきたからなのか、この時期に気になることは服装よりも汗だった。1位は「汗をかくこと」67.2%、次いで「ニオイ(体臭)」58.8%と、「服の選び方」23.5%の2倍以上関心が高いという結果となった。

Q.クールビズの時期に気になることは?

DM-002

■職場の身だしなみで“どうにかして欲しいこと”1位は「ニオイ(体臭)」

男女ともに1位が体臭60.4%、2位が口臭と、職場におけるニオイ問題の大きさが浮き彫りに。男女別に傾向を見てみると、1位の「ニオイ(体臭)」は男性が52.0%なのに対し、女性は69.1%と、よりニオイに対する評価が厳しいことがわかった。女性は、見た目よりもなによりも、まず「ニオイ」をケアして欲しいようだ。

Q.ビジネスシーン(職場)において、同僚など周囲の人の容姿や身だしなみで「どうにかしてほしい」と思うのはどんなこと?

DM-003
■約6割が「ニオイ(体臭)が気になって仕事に集中できないことがある」

なんと、58.9%の人が、「ニオイ(体臭)」が原因で、仕事に支障をきたした経験があるという結果に。最も多かったのが「他人のニオイが気になって集中できない」で34.8%、「自分のニオイも他人のニオイも気になって集中できない」という人が16.6%、「自分のニオイが気になって集中できない」という人が7.5%となった。

Q.ニオイ(体臭)が気になって仕事に集中できないことは?

DM-004


■ニオイ(体臭)で仕事に出た支障「気分(体調)が悪くなった」 「集中できない」 「クレームが入った」

ニオイ(体臭)が原因で仕事に出た支障として、最も多かったのが「ニオイで具合が悪くなった」。他にも「商談中、相手の話がまったく入ってこなかった」や「打ち合わせを早々に切り上げた」など、オフィスにおけるニオイ(体臭)が、業務へのさまざまな実害として出ていることが明らかとなった。中にはニオイから身(鼻?)を守るため、「書類を積み上げ壁を作った」という人も。あなたの周りでは、書類は積みあがっていないだろうか?

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます