• TOP
  • スキンケア
  • 【スキンケアの基礎】目の下のクマの対処法【茶クマ編】

【スキンケアの基礎】目の下のクマの対処法【茶クマ編】(2016.12.01)

茶グマは色素沈着で起こり、大きく分けて2種類ある。

1つめは、目をこするなどの皮膚への刺激によって表皮にできたシミと同じレベルのもの。目のまわりの皮膚は、他の部分に比べとてもデリケートなため少しの摩擦や刺激でも色素沈着の要因になってしまう。

2つめの要因は、真皮レベルでメラニンが皮膚の奥の方に沈着したものだ。
bear-1518870_640

やっかりな茶グマを予防するには?

まず表皮レベルの茶グマ対策で、肝心なのは目のまわりをこすらないこと。普段、目をこするクセのある方は注意が必要だ。

また、紫外線により更に色素沈着が進み、クマが濃くなることを防ぐため日頃から、目元のUVケアが必要となってくる。この時塗る日焼け止めもしっかりクレンジングしよう、洗い残しがあると色素沈着の原因となってしまう。

真皮レベルの茶グマの原因は遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれるアザだ。

長い名前だが、遅発性=大人になってから 両側=両頬にできる 太田母斑様=太田母斑みたいな 色素斑=しみ ということだ。対処療法にはレーザーが有効なので皮膚科に相談を。

茶グマは皮膚に色素が沈着したものなので、皮膚を引っ張るとクマが一緒に動くので見分ける際のポイントとなる。

文/Men’s Beauty編集部(荒井慎一郎)

配信サイト:「Men’s Beauty」
好印象を作る男性美容はもはや必須スキル! ビジネスマンのための美容強化WEBです。

HP:https://beauty-men.jp/

Men’s Beauty公式TwitterやFacebookでも情報を配信中。今すぐフォロー&いいね!

Twitter:https://twitter.com/beauty_mens
Facebook:https://www.facebook.com/otokomaeproject/

キュレーションメディア好評配信中!

antenna公式チャンネル:https://antenna.jp/

SmartNews:https://www.smartnews.com/ja/

カテゴリー設定方法:アプリを開き、上部のカテゴリータブを長押し。最下部の「チャンネルの追加」をタップ。「カテゴリ」内にある「ライフスタイル」をタップ。「ヘルスケア」が出てくるので登録すると、Men’s Beautyの記事が随時配信されています。ほか、「コラム」や「トップ」カテゴリーでも配信中!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます