• TOP
  • ヘアスタイル
  • ジェル・ワックス・ポマードの違いを知ってスタイリング上手に

ジェル・ワックス・ポマードの違いを知ってスタイリング上手に(2016.12.01)

樹脂で固めるスタイリング剤

油分は少なく樹脂が多くなってくると今度はジェルになります。ジェルには、アルコールが入っていており水分を飛ばすような仕組みです。

要はゼリーみたいなものですね。ゼリー状の部分でスタイルしている内にアルコールが水分を飛ばして固まっていくんですね。

41GKUcrs9wL
ホールド力は最強レベルなのがジェルタイプ。

どう使い分ければいいの?

ジェルは乾くとパキっと固まりますよね? 毛の細い人がジェルを使うと、毛束ごとに線が入るようになります。束感を残したい場合はジェルを使うといいでしょう。

逆に、全体的に整わせて、面でスタイリングしたい場合は、ポマードを使うとうまくいきます。ムースはワックスほど、髪に油分を残したくない人にオススメです。

ムースよりもライドな質感で油分控えめというのであればガスにした方がという考え方にすると選べるようになってくるかなと。

_MG_1061

また、いつもジェルを使っているけど束感が嫌だなって人は、ハードワックスやポマード系を使い、いつもスタイリング剤がベタベタしていやだなと思ったらジェル系に変えるといいです。

季節によって変えるのもいいと思いますね。暖かくなってくると、油系のスタイリン剤は熱で溶けてしまうので、ジェルのほうがスタイリングをキープできますね。

何がいいとか悪いじゃなく、自分の髪質にあった物を選ぶことが大切です。いつも使っているものだけでなく、いろいろ比較すると面白いですよ。

よりはっきりとした違いを感じたい場合は、サロン専売品を利用したほうがオススメですね。

美容室や理髪店で購入できる場合が多いので、気に入ったスタイリング剤があれば、スタイリストさんに聞いてみるといいでしょう。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます