• TOP
  • ヘアスタイル
  • ワックスとジェルのいいとこ取りをした整髪料を試してみた

ワックスとジェルのいいとこ取りをした整髪料を試してみた(2016.12.09)

スタイリング剤を使用するとき、違う種類の整髪料を混ぜて使ったことのある人は多いだろう。ふたつの剤を混ぜ合わせることで、スタイリングしやすくなったり、キープ力が増したりするため、広く知られたテクニックだが、ここに着目した新商品が登場したので紹介しよう。

資生堂が展開している「UNO」ブランドより、ワックスとジェルの性質を併せ持ったスタイリング剤「ウーノ ダブルペースト」が発売された。

PA280305

チューブの中が見えるようになっており、白と青(ナチュラルタイプ)、白とグレー(マットタイプ)のストライプなのが分かる。これは2種類の剤がチューブに充填されており、手に取りくるくると混ぜ合わせることでワックスの整髪力と、ジェルのキープ力、両方の恩恵にあずかれるというもの。

PA280323

ターゲットは、30代のビジネスマン。この商品はセブン-イレブンとの共同企画・開発となっており、発売は全国のセブン-イレブン、及びイトーヨーカドーなどのセブン&アイグループ限定で展開する。

PA280325

ビジネスシーン向けにタイトに決めることも、アレンジをしてプライベートにも使用しやすいアイテム。さらに、ジェルの特性を生かし、水ですぐに洗い流すことができるため、シャンプーを2度、3度行わずとも、するっと落とすことが可能だ。

頭髪に負担をかけず、なおかつスタイリングがしやすい新しいタイプの整髪料。実際、使ってみたが、使った後に手に残った剤が、水でさっと流しただけで落ちるほどの洗い流しがしやすい。もちろん、シャンプーも1回で十分に整髪料が落とせた。

その分、雨に弱いかと思いきや、ワックスの成分もしっかり含まれているため、持続力もなかなかのもの。跳ねや巻きといったアレンジも剤自体のノビが良いため行いやすく、キープも長持ちする印象だった。

ひとつ懸念点を上げるとすれば、特徴である2層のペーストを保つためチューブ上部を絞るように使っていかなければいけない点だ。最後まで、この2層を綺麗に保てるかだけが心配だが、手軽にコンビニで購入できる剤の中では、かなり優秀な一品。ぜひ、試してみてはいかがだろうか?

文/Men’sBeauty編集部(加藤 敦)

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます