クリスマスを無理なく低糖質で過ごせる糖質制限ケーキのすすめ(2016.12.11)

つい数年前まで「糖質制限」とか「低糖質」といった言葉は、糖尿病患者か健康に気を使う人しか知らないものであった。それがあっという間に世間に流行し、いくつかの論争を経て、すっかり市民権を得ている。

行き過ぎた糖質制限による弊害も出始めており、なにごともほどほどにが肝心だが、様々な研究・調査結果をみるに、現代人の多くは糖質(炭水化物)を摂りすぎていることは事実。適正にそれを減らすことは、健康維持の面で理にかなっているのは確かなことだ。

12月は、仕事の繁忙期や忘年会などで、ついついストレス食いや過食をしやすい時期。「よし、糖質を減らそう」と決意しても、掛け声倒れに終わるリスクが大きいシーズンである。ただ、忘年会の無礼講は回避できなくとも、まだやれることはある。例えば、恋人や家族と過ごすクリスマスのケーキを低糖質にするのは、いかがだろう?

gf01a201412222200

photo/Meno Istorija

実は、糖質成分の少ない素材だけで作った低糖質クリスマスケーキが、ひそかなブームとなっている。例えばあのライザップは、自社通販サイトにてベリーやヨーグルトのムースをベースにした「低糖質クリスマスケーキ」を販売している。

糖質は、ふつうのショートケーキと比較して86%オフを実現。先着300個の限定生産であったのが、予想を超える大好評で、追加で100個の生産が決まったという。

1
ライザップの「低糖質クリスマスケーキ」

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます