• TOP
  • ヘアスタイル
  • 【デート応援企画】伸びかけの髪でもカッコよくキマるブロースタイリング

【デート応援企画】伸びかけの髪でもカッコよくキマるブロースタイリング(2016.12.25)

髪が伸びてくると、頭のハチの部分や、襟足、もみあげがどうしてもセッティングし辛くなる。こうなると、切ってしまいたい! という気持ちにかられるが、前回の「セルフカット編」でお伝えしたとおり、自分で切っていいのは前髪のごく一部だけ。では、他の部分はどのように対処すれば良いのだろうか? セットのコツをZACC代表、高橋さんに教えてもらった。

Q.髪型が重たく見える原因を教えてください

_L1K7787

高橋「髪型にボリュームを感じてしまうのは、髪のサイドが膨らんでいることが大きな原因です。”いつも使っているセット剤で、うまくセットできなくなったなぁ”と感じたら、サイドをタイトにすることを考えましょう。それから、襟足も首に沿わせる形でタイトに仕上げるといいです。セット力の強いものを使うのも手ですが、やはりドライヤーのテクニックが有効でしょう。」

サイドと襟足を抑えるドライヤーテクニック

_L1K8031  _L1K8054

高橋「ドライヤーのテクニックは、おさらいになりますが、後ろから前に向けて風をあてるとタイトになり、前から後ろに向けてあてるとボリュームが出ます。このテクニックを使って、髪を濡らした状態でまずは襟足をタイトに仕上げてみましょう。襟足の場合は、上から下にあてると言ったほうがわかりやすいですね。顔を下に向け、上から下に熱を当てたら、ドライヤーを外し、ドライヤーを持つ手と反対の手で、髪の熱を感じなくなるまで髪を抑えましょう。これだけで、襟足のおさまりがよくなります。指でとかしつけると、自然な束感も出ますよ。」

_L1K8126  _L1K8133

高橋「サイドも、後ろから前に風を当てていきます。今度は手ぐしでとかしつけながらドライヤーを当てましょう。襟足と同じように、ドライヤーを外した後も髪の熱が取れるまで、押さえつけてください。」

バックにボリュームをもたせて丸いフォルムを作る

高橋「襟足、サイドをタイトにしたら、バックの部分のボリュームを出しましょう。日本人は後頭部が絶壁な人が多く、髪が伸びてくると重たさで真っ直ぐ落ちてしまうので、ボリュームを出すことでバランスをとります。今度は、前から後ろに向けて風を当ててください。」

_L1K8094

高橋「バックの毛を指と指の間に挟み、前から後ろへと風を当てていきます。毛束の間に空気を含ませていくイメージですね。なるべく根元に風をあてるようにして立ち上げていきます。逆側も同じように行ってください。」

_L1K8000  _L1K8108

高橋「左が、セット前、右がセット後です。サイド、襟足が肌に沿ってタイトになり、バックに丸みが出ているのが分かります。サイドと襟足をタイトに仕上げたことによって、頭が小さく見える効果があります。またバックのボリュームをもたせたことで、トップとのバランスがとれました。トップはまだブロー前ですが、伸びかけ感が拭えています。」

トップと前髪をブローで立ち上げ

高橋「トップはボリュームを出していきますが、まずは前髪をブローしていきます。前髪をつまみ上げて、下から風をあてるようにしてボリューム出します。髪の内側に空気を含ませることで、重たさが軽減され、ふんわりとした質感になります。前髪は特に重たく感じやすいので、必須のテクニックです。」

_L1K8152

高橋「次に、トップをつまみ上げて、前から風をあてていきます。なるべく髪の根元に風を当てて、髪を立ち上げていきましょう。」

_L1K8182

高橋「ここまででブローは終了です。これだけでも、かなり動きのあるセットができたと思います。伸びかけの場合は、セット前に必ずブローと心がければ、次のカットまでスタイリングがキープできると思いますので、是非、このテクニックを使ってみてください。次回はワックスとスプレーでスタイリングの仕上げの方法を紹介します。」

 

ZACC

a_slide01
数多くの芸能人のヘアメイクを手がける高橋和義氏がプロデュースするヘアサロン。明るい外光が差し込む広々とした店内でトップスタイリストの高い技術力とトレンドを発信する若い力が集まった大人気店。

東京都港区北青山3-11-7 Ao(アオ)4F
●営業時間/平日12:00〜21:00、(水・木は10:00〜21:00)
土曜10:00〜19:00、日曜10:00〜19:00。無休
●ZACC / Ao Tel:03・5468・5882
http://www.zacc.co.jp

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます