結局、これだけやればいいっていう運動はないの?(2017.01.06)

これまでも筋力トレーニングのみで、痩せることは可能であると伝えてきた。その理由は基礎代謝の向上により、日常生活の消費カロリーが上がることにある。この基礎代謝を最も効率よく上げられるトレーニングがスクワットだ。

スクワットは海外で”パーフェクトトレーニング”と呼ばれるほど全身の筋肉を鍛えられる運動。人体の筋肉の中で最も大きい塊の筋肉の一つである大腿筋を鍛えることで基礎代謝の向上が見込めるほか、腹筋、背筋や股関節周りの筋肉なども同時に鍛えることができる。今年も正月太りをしてしまったという人は、今すぐトライして欲しい。

パーフェクトトレーニング スクワット

吉田「スクワットは、古くからあるトレーニングの一つですね。腰や膝を痛めやすいと言われますが、それは間違った方法でトレーニングをしているからです。腰をかかとの位置まで落とすフルスクワットであっても、正しい姿勢で行えば腰や膝を痛めることはありません。それでは、トレーニング方法を紹介します。」

38448

吉田「まずは、両足を肩幅より少し広めにとってください。手は力が入らない状態であればOKです。胸の前でクロスさせた状態がいいでしょう。ここから、膝を曲げていきます。リズムよく、1、2、3で下ろし、1、2、3で戻すのを繰り返します。」

38451

吉田「お尻を突き出すようにして、やや後方に体の重心を置きます。肩、膝、つま先の位置がまっすぐ一直線になっていることを意識してください。お尻の位置は、膝のやや上部あたりまで下げます。気持ち的には、太ももを地面と平行にするぐらいまで下げるといいでしょう。」

38454

吉田「横から見るとこんな感じです。お尻を突き出し、背筋を伸ばしてください。横から見たときも、肩・膝・つま先は一直線です。なるべく膝がつま先の前にでないように注意しましょう。」

吉田「正しい可動域でトレーニングを行うと、その動きはストレッチにもなっています。筋肉が縮む箇所と逆の部位はストレッチの効果になっているんですね。スクワットの場合は、お尻の筋肉が伸びてストレッチになっています。単純にストレッチをするよりも、動きの中で筋肉を伸ばしたほうが可動域は広がるので積極的に様々な部位のトレーニングを行うと柔軟性もついてきますよ。」

吉田トレーナーの今日の教訓

・両足のスタンスは必ず肩幅より大きくとるべし!
・太ももを地面と平行にする気持ちで腰を落とすべし!
・1、2、3とリズムよりスクワットを繰り返すべし!

フィジカルトレーナー
吉田輝幸

36310

1975年生まれ。国士舘大学体育学部卒業。大学卒業後に本格的にパーソナルトレーナーの道を進むため、渡米。帰国後はさまざまなスポーツ、ジャンルのアスリートのフィジカルトレーナーとして活躍。正しい身体の使い方、正しい動きによって最高のパフォーマンスを引き出す「吉田コアパフォーマンスメソッド」を提唱。現在は、トップアスリートやモデル、アーティストなどが通うトレーニングジム、「PCP」のフィジカルトレーナー&ディレクターを務める。また、多くのフィットネスクラブや専門学校でのパーソナルトレーナー養成やトレーニングマシーン開発補助、テレビや雑誌などさまざまなメディアでも活動している。

PCP
http://www.p-core-p.com/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます