最もフォーマルな革靴の形状とは?(2017.01.06)

gahag-0067744265-1

ルーツやデザインによって格式の高さが変わってくる。

つま先や靴紐の部分のデザイン、飾りの多さなどがポイント。簡単に説明すると以下の様な感じになる。

キャップトゥ>プレーントゥ>ウィングチップ>モンクストラップ>Uチップ>ローファー

ビジネスシーンの装いはかなりカジュアルになってきたとはいえ、プレーントゥ以下の靴や、黒以外の色のものは仕事で使うと、気にする人は気にするのでTPOをしっかりわきまえよう。

また、同じ革靴の種類であってもソールや革の種類、靴紐のところが内羽根と外羽根で違いが出てくる。

内羽根式(オックスフォード)の出自はイギリス王族の宮廷靴。外羽根式(ダービー)は戦闘用のロングブーツに由来することから、内羽根式がフォーマルで外羽根式がカジュアルという観点もあるので注意が必要。

内羽根式のプレーントゥEDWARD GREEN CURZON/915E 176040円
内羽根STB0199A0024_pz_a004
外羽根式のプレーントゥ チャーチ シャノン112320円
チャーチシャノンcrc-91_4

それでは以上の点を踏まえながら、種類ごとに代表的な靴を紹介しよう。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます