• TOP
  • ヘルスケア
  • あなたのマスクの着け方は間違っていた!?メーカーが教える正しいマスクの着け方とは

あなたのマスクの着け方は間違っていた!?メーカーが教える正しいマスクの着け方とは(2017.03.26)

今年も花粉が気になる季節がやってきた。高性能なマスクをつけて対策をしているはずなのに、なぜかくしゃみ、鼻水が止まらないということはないだろうか。

それはもしかしたらマスクの着け方が間違っているのかもしれない! そこで今回は、マスクブランド『フィッティ(R)(以下、フィッティ)』でお馴染みの玉川衛材株式会社、製品開発部の松浦孝伯さんに正しいマスクの使い方をレクチャーしてもらった。

■マスクメーカーが教える正しいマスクの着け方

1.まず、マスクを軽く半分に折る。

これによって、マスクの中心がわかり鼻にあてがいやすくなるのだ。フィッティの場合、耳ひもが取り付けてある面が顔面側になるので、マスクの表裏を間違えないように注意しよう。

DSCN2972

2.鼻を覆う部分=ノーズフィッターの形を整える。

目の下から侵入してくるウイルスや花粉などをガードするためのポイントとなるのでしっかりやろう。鼻を整えたら、顔の形に合わせるように両方の耳ひもをかける。

DSCN2973

マスクの両サイドも隙間がほとんどできていないのが見て取れる。

DSCN2982

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます