• TOP
  • ヘルスケア
  • 日本初!「運動によるカラダの疲労感をやわらげる」機能性表示食品が新発売

日本初!「運動によるカラダの疲労感をやわらげる」機能性表示食品が新発売(2017.04.26)

大塚製薬は、「アミノバリュー4000」および「アミノバリューパウダー8000」を機能性表示食品として発売した。BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシンの総称)を関与成分とした運動によるカラダの疲労感をやわらげる機能性表示食品は、日本で初めてとなる。機能性表示食品としての1日摂取目安量はBCAA8,000mg(アミノバリュー4000:2本、アミノバリューパウダー8000:1袋)となる。

0441559_01

運動が健康の維持・増進に有用なことは広く知られていますが、一方で運動による疲労は運動の継続を妨げたり、日常生活に不都合をもたらしたりする要因になることも。大塚製薬は、運動後の疲労感を軽減することを目的としてBCAAに着目。

大塚製薬の持つ臨床栄養分野におけるアミノ酸製剤の開発を通して蓄積されたBCAAに関する研究・スポーツ分野での栄養に関する研究成果やノウハウをもとに2003年に「アミノバリュー」を発売し、様々なアクティブシーンに対応したラインアップを展開してきた。

このような背景をもとに機能性表示食品として発売することで、BCAAの機能をわかりやすく表示し、より多くの方に本製品の魅力を体感してもらうことによって運動機会の拡大、ひいては健康寿命の延伸に寄与したいと考えているとのこと。

*BCAA(Branched Chain Amino Acid):分岐鎖アミノ酸。分子構造上、側鎖が枝分かれしたアミノ酸でバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類がある。

【関連情報】
http://www.otsuka.co.jp/

 文/編集部

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます