• TOP
  • スキンケア
  • モロッコ美容発想の「黒」と「白」のペア使いボディウォッシュ

モロッコ美容発想の「黒」と「白」のペア使いボディウォッシュ(2017.06.22)

DSC_0984

気温差が激しい乾燥地帯という過酷な環境のモロッコ。夏は50℃を超えることもあり肌や髪へのダメージも大きい。だが、モロッコに暮らす人々は、古くからさまざまな知恵と工夫を生かして生活し、自生する植物のパワーをスキンケアやヘアケアに生かしてきた。

モロッコ美容に欠かせないのが「ハマム」というスチームバス(蒸し風呂)。11世紀にトルコから伝わったスチームサウナとスペインの垢すりが融合したものだと言われ、今もさまざまなハマムが存在する。ハマム美容で使われる「サボンノワール」は、黒オリーブから作られる半練り状の石けん。このサボンノワールを全身に塗ってからハマムの蒸気の中に身を置いて汚れを浮かせ、垢すりでこすり取るのが独自の美容法のひとつだ。

モロッコの自然から生まれる上質な植物成分を配合した『フルール ド ファティマ』から、このハマムにヒントを得たボディウォッシュが発売された。

IMG_6493
フルール ド ファティマ『イノセントボディウォッシュ』(サボンノワール/サボンブラン)各280ml、3200円(税抜き)

『イノセントボディウォッシュ』(サボンノワール)に使われているキー成分は前述の「サボンノワール」。黒オリーブ由来の石鹸成分として配合され、肌を引き締めながらディープな汚れをオフ。黒い液状だが水を加えてネットで泡立てるときめの細かな泡になる。泡立てただけで爽快感ある香りに包まれる。洗い上がりの肌はしっとりながらも清潔に洗い上がり、日本の蒸し暑い環境で使っても心地いいのがポイントだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます