• TOP
  • ファッション
  • 梅雨時期に活躍!「GORE-TEX(R) 」の実力を本社で検証してきた

梅雨時期に活躍!「GORE-TEX(R) 」の実力を本社で検証してきた(2017.07.01)

男が服や靴を選ぶ時、基準にする要素はなんだろうか。値段や流行色だろうか、それとも名のあるブランドであることだろうか。いずれも要素としては十分だが、こと男心をくすぐる要素は「ハイスペック」ではないだろうか。

最近でも、やたら頑丈なミルスペックや、ウエットスーツ素材などが流行したが、その先駆けとも言えるのが「GORE-TEX(R)」だ。

tech_what_hangtag_690

アウトドアショップなどで、このロゴ を見たことがあるという方は多いだろう。世界中の消費者から信頼され、快適性と品質を保証しているGORE-TEX(R) プロダクトのロゴだ。

よく知らない人でも、なんとなく水に強いくらいのイメージを持っているだろうが、今回はこのGORE-TEX(R) プロダクトにどのようなテクノロジーが用いられているのか、日本ゴア株式会社の平井 康博さんから色々と話を伺ってきた。梅雨時の不快なシーズンを快適に乗り切るために、参考になる知識も山ほど教えてもらったぞ!

DSCN36477

■GORE-TEX(R) プロダクトを作っているのはどんな会社?

GORE-TEX(R) プロダクトは、GORE-TEX(R) ファブリクス(生地)からできている防水耐久性・透湿性・防風性というカラダを守る機能を持ったウェア、フットウェア、手袋、帽子などのことを指す。そしてこのGORE-TEX(R) ファブリクスを提供している会社がアメリカに本社を持つ素材メーカー「日本ゴア株式会社(以下、ゴア社)」だ。

GORE-TEX(R) プロダクトは、生地の機能を十分に発揮させるために、最終製品の状態でも様々なテストを行うなど厳しい品質基準によって管理されている。同ブランドの黒いロゴタグには「GUARANTEED TO KEEP YOU DRY」「あなたをドライに保ち、快適に着用できることを保証します」というプロミスが書かれており、このタグ自体が品質保証の証明になっているのだ。

1 2 3 4 5
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます