梅雨のむくみ対策に効果的なポーズ7選(2017.06.30)

■連載/男のヨガ講座

湿度が高いこの季節は、水分代謝が滞りやすくむくみがち! 特にオフィスワークで身体を動かす機会の少ない方は要注意だ。

むくみの放置はセルライトやたるみの原因ともなり美意識高い諸君を煩わせることになる。これからのイベントシーズン、肌を露出する機会も増えることだろう。それまでに、万全を期しておくことを勧める。

1、股関節回し

先ずは四つん這いになり、左右の股関節を大きく回していこう。固まりがちな股関節周りを柔軟にすることで、リンパの滞りを改善する。

膝で大きな円を描くように、外回しと内回しを左右それぞれ数回行う。

2、半分の前後開脚

四つん這いから、右足を右手親指の横につく。息を吐きながらお尻を後ろに下げ、つま先を天井にむけて脚の裏側の伸びを感じる。

息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら前屈してゆるめる。前屈を深めるよりも膝裏をしっかり伸ばす意識を。

MG_8325

3、片足のハトのポーズ

2のポーズから、息を吸いながら上体を前に戻し、今度は膝を開いて脛を床につける。

息を吐きながら左脚を後ろに伸ばし、右のお尻が床につくところで、一度息を吸いながら背筋を伸ばして胸を開く。伸ばしている脚の付け根の伸びを感じるだろう、数呼吸キープする。

_L9A1966

今度は息を吐きながらゆっくりと上体を床におろして額を床か重ねた手の上に置き、曲げている脚の股関節周りのストレッチを感じる。ここでキープ。

息を吸いながらゆっくり上体を起こし、脚を抜いて四つん這いにもどる。2~3の流れを反対側も同様に行う。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます