ガサガサのひじ、夏もケアしてますか?(2017.07.10)

衣替えのシーズンを過ぎて夏へと向かうこの季節、半袖に切り替えるということは、今まで洋服に隠れていたひじが出るわけだが、そのひじのケアを冬の間していた男性はどれくらいいるだろう。

今、ひじを触ってみて、乾燥した手触りを感じたり、古くなった角質が堆肥してひじが象のように分厚い皮膚になっていたり、あまつさえそれらがめくれ上がってガサガサしていたら、日頃のボディケアが足りていない証拠。

女性の保湿感のあるツルリとしたひじ・ひざ・かかとの美しさに魅力を感じるのと同じように、女性も男性に対してつるりとした男らしいハリ感にセクシーさを感じるものだ。汚いひじが見つかって幻滅される前に急いでケアしよう。

ee4f52f3db1b5506e36b34858983e9c2_s
彼女に「あいつ、ヒジ汚ねぇな」ってニッコリ顔で思われる前に!

■ひじはただでさえ乾燥しやすい場所

ひじは皮脂腺がほとんどない乾燥しやすい部分である上、机やテーブルにひじをついた際にかかる「圧力」と「擦れ」という刺激が加わることでそのダメージを加速させてしまう。

また、角質が堆肥しても気付きにくい場所でもあるため、気付いた頃にはツヤもなく色気のない分厚い皮膚になっているという事態に。

さらに、不要な角質が溜まりすぎると「もうここにとどまるのは無理です」と言わんばかりに角質が勝手に剥がれてくるが、見た目としては日焼けの皮向けや乾燥して唇の皮がボロボロに剥けてしまうのと同じレベルで醜い状態だ。

■乾燥だけでなく、黒ずむ…スクラブ+保湿の鉄板ケアがオススメ

先ほど述べた「圧力」「擦れ」をはじめとする刺激はシミの元となるメラニン色素も発生させるため、それらの刺激を断続的に受けるとひじは徐々に黒ずんでしまう。これがいわゆる色素沈着だ。

そんな、ひじの皮膚が硬くなりアザができたように黒くなってしまっている人も、今から根気よくケアを続けていれば夏前には必ず桃色の美しいひじに生まれ変わることができるので、以下のケアを実践してみよう。

まず、ケアの肝はピーリング・スクラブ系の商品を使うことにある。不要な角質をていねいに落とすことだけでも、象のように分厚くなった皮膚からは解放されるだろう。マイルドタイプのピーリングジェルや、粒子の細かいタイプのスクラブを選ぶことで肌に余計な負担をかけずに角質を取り除くことができる。

image001
ハウスオブローゼのオーマイベイビーは粒子も細かく、保湿感もたっぷり。デイリーケアに是非取り入れよう。

ピーリング・スクラブ後の肌は生まれたてのような繊細な状態。保湿せずに放置していたらあっという間に乾燥してしまうので、すぐにボディクリームで保湿をしよう。朝であれば仕事中にべたつきを感じないあっさりめのジェルタイプ、夜であればこってりめで保湿感の高いボディクリームがオススメだ。

皮膚の比較的丈夫なひじは、厄介なトラブルもなく、スキンケアすればしただけの効果が得られるスキンケアしがいのあるパーツ。駆け込みの集中ケアでつるつるのひじを手に入れて、夏を思いきり楽しもう。

文・RYO KANAZAWA

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます