好印象を与えるメンズメイクのやり方(2017.07.15)

近年、美意識の高い男子が増殖中している。そこで注目されつつあるのが「メンズメイク」。ビジネスシーンにおいても、人と会う機会の多い外回りの営業担当はもちろん、内勤の仕事であってもビジネスでの印象度をアップさせるためにメンズメイクを施す人が増えてきているようだ。

とはいえ、まだまだ「メイクはやっぱり女性のもの」という意識が働くもの。さすがにメイクまではチャレンジできないというビジネスマンが多いのも事実である。しかし、メンズメイクの真意は「美しくなるため」ではなく、あくまでも「印象度を上げるため」のものだ。そう考えれば、メンズメイクはビジネス術の一環として考えることもできるだろう。

今回はメンズメイク初心者に知ってほしい基礎メイク法を、メンズメイクに詳しいメイクアップアーティスト・Yukariさんのレクチャーと共に紹介したい。

■スキンケアの基本とは

メイクの基礎といえば、何といってもスキンケア。メイクをしない男性でも、洗顔やスキンケア程度であれば日常的に行っているだろう。しかしその反面、正しい知識を身に着けずに自己流でケアしている男性も多い。その結果として、かえって肌質が悪くなったり老化を早めてしまっていることもあるようだ。

「洗顔はスキンケアの基本なので、毎日しっかり行いましょう。メイクの前には必ず顔を洗い、余計な油分は落としましょう。その際に、洗顔フォームは泡をつくって肌を傷めないように心がけること。ちなみに泡は、洗顔フォームと1円玉分のお湯を合わせて手のひら全体になじませたら、手のひらをお椀に見立てて泡立てて作ります。1分くらいで簡単にできるのでぜひチャレンジしてください」(Yukari)

また、化粧水も女性と同じ観点で選ぶことはせず、男性の肌にマッチングしたものを使うべきだという。

rsz-01

「男性が選ぶべき化粧水の中で、一番重要なのが『引き締め効果』。毛穴の開きや油分が女性よりも目立つ分、収れん作用のあるもので皮脂を抑えてサッパリとした肌を作りましょう。つける時は、500円玉より少し多めの化粧水を手にとり、抑え込むように肌に馴染ませてくださいね。欲を言えば、朝は収れん作用があるもの、夜は保湿を強めるものなど、朝と夜で効果の違うものを使って欲しいところです」(Yukari)

さらに「男ならスキンケアは化粧水まででいい」と考えているのなら、これは要注意だとYukariさんは警鐘を鳴らす。

「ケアを化粧水だけで終わらせてしまうと、せっかく潤った肌から水分が蒸発してしまい、皮膚を守るためにかえって油分が増える一方なんです。せっかく与えた化粧水の成分をしっかりと肌に染み込ませるためにも、基本的に乳液までセットで使いましょう」(Yukari)

rsz-02

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます