パラバドミントンの小林幸平選手と小林悦子選手が夫婦で対決!(2017.09.20)

ブリヂストンは、9月11日に「Team Bridgestone Japan」のメンバーでありブリヂストン社員である車いすバドミントンの小林幸平選手を招いて『社内向けパラバドミントン体験会』を、ブリヂストン体育文化センターにて行った。

パラバドミントン体験会画像

東京2020パラリンピックから正式競技となったパラバドミントンは、今年、国際大会が日本で初めて開催され、その開会式では東京都知事の小池百合子氏が開会の挨拶を行う等、非常に注目されている。

今回の体験会は、小林幸平選手の奥様・小林悦子選手(同じくパラバドミントン強化指定選手)がパナソニック所属であるという縁から、ブリヂストン・パナソニック共催による体験会が実現した。

体験会冒頭の選手挨拶では、小林幸平選手がパラバドミントンを始めたきっかけが奥様の練習相手だったというエピソードや、東京2020パラリンピックへの意気込みとして「東京2020パラリンピックにむけて夫婦で一緒に頑張っていきたい」と語るなど、小林夫婦の深い絆が垣間見えた。
image
まっすぐ進むことすら難しい競技用の車いすに四苦八苦する体験者でしたが、選手達の「頑張りましょう」「素晴らしい」などのかけ声と丁寧な指導もあり、すぐに上達し積極的にシャトルを追いかける姿が印象的であった。
image003
最後には、小林幸平選手率いるブリヂストンチームと小林悦子選手率いるパナソニックチームで対決し、結果は参加者が見事なプレーを見せたブリヂストンチームが勝利。試合中には、得点を入れる度にラケットでハイタッチするなどチームの一体感を強く感じられた。

選手のみなさんは前日まで繰り広げられた国際大会の疲れを一切見せず、終始和気あいあいとした雰囲気で終了。閉めの挨拶で小林幸平選手は「車いすにネガティブなイメージを持っている人も多い中で、皆さんと笑顔で楽しい時間を過ごせたのがとても嬉しい。東京2020パラリンピックには、妻と一緒に出場したい」と、今後パラリンピックに夫婦二人三脚で挑戦する意気込みを語った。

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます