• TOP
  • ファッション
  • 「VAN」ブランドディレクターが考える「自分らしく生きるための手段」

「VAN」ブランドディレクターが考える「自分らしく生きるための手段」(2017.09.26)

VANが提案し続けていること

VANは1950年代よりアメリカンカルチャーを取り入れ日本独自のトラディショナルスタイルを創り上げメンズスタイルとライフスタイルの文化を築いた日本のトラッドのイノベーターだ。日本のトラッドブランドとしてアメリカンカジュアルを提案し続けるVANが今季、注目したのは「機能性」。

今回はVAN ブランドディレクターの山口氏に今シーズンのテーマや拘ったポイントなどをインタビュー形式にて行った。

main

――「FUNCTIONALITY CLOTHING」というテーマで「機能性」に注目した理由とは?

現在は情報があふれていて常にインターネットを通じてなんでも知りたい事が調べられる時代です。自分の知りたい情報をピンポイントで収集する事が容易になり、そこから自分の趣味などに拘った「ライフスタイル」に注目が集まっています。

今、人々が重要視しているのは「洋服を着る」という事ではなく、「洋服を着てどこにいくのか、何をするのか」という事。VANが昔から提案し続けているのは、「ファッションとは外見を着飾る事ではなく、自分らしく生きる事。」「洋服を着る」という事は【自分らしく生きる】為の手段の一つです。

そしてトラッドアイテムはアクティブに動き回る為に作られている洋服ではありません。着用時のストレスを素材面、機能面で解消してあげることで私たちの「スタンダード(定番)」と呼ばれるトラッドをもっと生活に密着させたライフスタイルウェアに昇華させたかったというところから、「現代の機能性」を融合させた洋服作りを始めました。

――今シーズンの中で最も拘ったアイテムは?

いわゆる「紺ブレ」と呼ばれるメタル釦を使用したフランネルのブレザーです。胸パッチポケット、フラップポケット、フックベントなど伝統的なディティールに加え、無駄なゆとりはなくしたサイジングに調整しました。

そして様々なシチュエーションに対応できるようメタルボタンと練ボタンを付け替えられるようチェンジボタンを用意しています。ブレザーの内側にはファスナー付きのアクセサリーポケットを付け、替えボタンやエンブレムも収納できるようにしています。ビジネスにも使えてオフでも着られるTPOに対応できるブレザーです。

sub1
▲フランネルブレザー 46,000円+TAX/10月中旬入荷予定

sub2

この他にも、この秋冬はリバーシブルのステンカラーコートやハイブリッドセンサーというストレッチ性のあるシワになりにくい素材を使用したイージーセットアップなどをリリースしていきますので是非店頭で直接見てみてください。(山口氏)

2017年秋冬のカタログは全国のVAN SHOPで配布中、またはオンラインショップでも見ることが可能だ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます