女性の7割近くが「ママ友付き合い」にストレスを感じる(2017.09.21)

江崎グリコは、新商品「ポッキー贅沢ショコラティエ」の発売を記念して、ミュージカル動画「ママランド」を公開。更に、野村佑香さんが出演し、ミュージカル調に24の「ママ友ハウツー」を紹介する本動画の公開に合わせて、子どもがいる20~40代女性500名を対象に「ママ友に関する調査」を行ったので、結果を発表した。

調査の結果明らかになったのは、9割もの女性が「円滑なママ友付き合い」の必要性を感じており、相手の話を聞く、ママ友会を自宅で開くなどして、何とか上手くやろうとしているということや、こうした努力に疲れることもあるのか、ママ友付き合いに7割の女性がストレスを感じていることなど。

動画「ママランド」の中では円滑なママ友付き合いに必要な24のコツを紹介。実践的且つわかりやすく、それでいて楽しめる動画となっている。動画の中では新商品となる「ポッキー贅沢ショコラティエ」の魅力についても紹介。ママ友会で出せば一目置かれる存在まで引き上げてくれること間違い無しの三ツ星ポッキーが、「贅沢ショコラティエ」だ。

■ミュージカル動画「ママランド」

https://youtu.be/zQ5oYlwKh98
SnapCrab_NoName_2017-9-7_18-51-12_No-00

【ママ友に関する調査結果詳細】

■9割がママ友付き合いを円滑にすることが必要だと感じている

1
まず、ママ友付き合いを円滑にすることが必要と感じるかどうかを質問に「非常に必要だと思う」「かなり必要だと思う」「やや必要だと思う」と回答した人の合計は、9割近くとなった。中でも3割近くの人がかなり必要と感じており、現代のママたちにとっては、ママ友付き合いは避けられないものとなっているようだ。

■ママ友付き合いで大事にしていることは圧倒的に「相手の話を聞く」

2
ママ友付き合いを円滑にするために、どういったことに気を使っているのだろうか。圧倒的に多かったのは、「相手の話を聞く」で68.9%。息子の自慢や家族に対する愚痴などを強烈に話し続けたい人がいる中では、こうしたママ友と出くわした際に、波風を立てないように聞きに徹することが大事、と努力しているママが多いよう。

2番目は「派手なファッション・メイクを避ける」で8.3%。話の中身も、見た目的にも、とにかく前に出過ぎないように、と我慢を強いられているママたちが多いようだ。一方で3番目には「会話が尽きないよう日々、ネタ探し」が入った。目立ちすぎず、それでいて、場の空気が凍らないように話題を絶やさないように立ち回る。ママたちの気苦労が見て取れる結果となった。

■ママ友会で聞きたいのは「子ども自身についての話」「子どもの育児・教育についての話」

3
ママたちが色々と気を揉んで、ママ友付き合いを円滑にしようとしているという実態が見えてきましたが、こうした配慮をしている中で、本当に他のママ友に聞いてみたい話題を質問した。

結果、特に票が集まったのが子どもに関する話題。まず最多が「子どもの育児・教育についての話」で63.4%。2番目が「子ども自身についての話」で51.2%。何よりもかわいいが故に、育て方が合っているのか不安にもなり、かつ、自慢もしたくなるのが子ども。改めて、親の愛が感じられる結果に。

また、「本当に聞きたい話題」として聞いているからか、「夫についての話」や「収入・貯蓄に関する話」も票を集めた。夫についてはいつ逆流するかわからないため、収入や貯蓄に関しては、あまりにも生々しすぎるため、また周りより高くても低くても、何とも言えない気持ちとなってしまうため、話せないのではないかと推察される。

子どもに対する思いが軸としてはありつつも、ママたちが普段遠慮している話題や、関心事が浮き彫りとなる結果となった。

■7割以上がママ友を家に招待した経験あり!

4
ママ友たちが集まる場所といえば、やっぱりそれぞれの家。そこで、ママ友を家に招待する頻度を質問したところ、7割程が、家に招待したことがあるという結果が明らかになった。また、月1以上の頻度で招待する人の割合を合計すると、2割弱。およそ5人に1人が、月に1回はママ友を招待しているということになる。

ママ友が遊びに来るとなると、掃除はもちろん、もてなすためのお菓子や飲み物も重要。子どもや夫を見られる目も自分次第で変わってしまう。そんな使命感を持って、日々ママ友をもてなしているのではないだろうか。

■半数近くが苦手なママ友が“複数人”いる!

5
ママ友会を開催しつつ、なんとか円滑なママ友付き合いをしようとしているママたちの実態がわかってきたが、そうは言っても、苦手なママ友もいるはず。率直に聞いてみたところ、58%が苦手なママ友がいると回答した。

また「何人かいる」が40.8%、「多数いる」が6.6%、「ほぼ全員」が2%という結果も出ており、足し上げると半数近くが、苦手なママ友が複数人いるということになる。何人かの苦手なママ友とも、夫のため・子供のため、日々努力するママたちの姿がありありと目に浮かぶ。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます