• TOP
  • スキンケア
  • オールインワン美容ゲルの賢い使い方【ISSEYの男前の作り方】

オールインワン美容ゲルの賢い使い方【ISSEYの男前の作り方】(2017.10.03)

■連載/ISSEYの男前の作り方

カサつく前に!長袖モード突入ケア!!

■男顔も長袖モードに着替えたら

61a1db2eb61b69c52b96e2979cb4b8a5_s

前回、男顔も長袖モードに切り替えよ!で半袖から長袖に衣替えするように肌も切り替える時だ!!と言ってきた。そこで今回は、ケアの具体的な方法を紹介して行こう!

■ローション+ミルクが長袖の超基本

メンズコスメも年々ブランドやアイテムが増え、選択肢が増えたことは嬉しいことだ。しかし、何をどう選んだら良いか混乱する男子もいるだろう。スキンケア用のコスメは、例外はあるものの、大ざっぱに言えば水と油を上手く混ぜ、そこに肌に良い成分を加えている状態が基本、と考えれば分かりやすい。

肌がうるおってバリアが正常に機能してくれているのは、肌の水分と脂分が適度にある状態。足りない場合の補完する役割をコスメが担うのだ。これからの時期は、うるおいが不足しやすいため、主に水分を与えるローションと油分を与えるミルクの両方を使うことがベストになる。

ちなみに、忙しい人や面倒くさがりの男性のために、このゲル1本でOK!といったコスメも多く登場しているが、それだけでも悪くはないのだが…。

■うるおい不足の3ゾーンに

ゲルはローションとミルクのちょうど中間に位置するアイテムで、カサつき過ぎず、ベタつき過ぎない便利なアイテムであるのは確か。しかし、顔はゾーン(部位)によってうるおい度合いや皮膚の厚さは違うため、ゲルを顔全体に適当に塗って終わりにするのではなく、もう一歩踏み込んだケアをして欲しいのが本音。

つまり、それは、

ゲルを二度づけする!!!

具体的には、顔全体にゲルを伸ばした後、もう一度少量取り、うるおい不足になりやすい3ゾーンにさらに塗る。(ローションやミルクも二度付けするとさらに良い)

●目元のアイゾーン・・・皮膚が薄く、うるおい不足になりやすい部分。乾燥が進むと小ジワの原因に。

●頬骨周辺のXゾーン(R)・・・紫外線や間違った洗顔などで外部刺激を受けやすく、うるおい不足に。 乾燥・シミ・ニキビなどトラブルが起きやすい部位。

●ヒゲ剃り部位のSゾーン・・・ヒゲの生える口からアゴにかけての部位は、ヒゲ剃りを繰り返すことで必要な角質も剥がれ落ちやすく、結果うるおい不足に。 ヒゲ剃りをしない場合は、この限りではない。

以上、3つのゾーンに二度づけするだけで、顔全体のうるおいバランスは整い、艶めいていき、顔の長袖モードレベルはグングン上がること間違いない。この秋、串カツ屋のソースの二度づけはダメでも、コスメの二度づけは大いにして欲しいものだ!

7baba2b92a394d137bc66f2f98838532_s

文/ISSEY(イッセー)

宇治原顔写真 (1)

メンズビューティスト(R)。男性エステティシャンのパイオニア的存在で国際ライセンス『CIDESCO』の保持者。美容師を経てフランス・国内でスキンケアやメイクを学ぶ。カネボウ化粧品の美容研究所でスキンケア・ボディケアの技術、化粧品、美容理論の研究開発などに関わる。2000年独立。当時としては珍しい男性専門のサロンを立ち上げ、男の見た目、肌あれ、眉、髪や体型など男性のコンプレックスを次々と解決してきた。現在は、男性美容の専門家としてメンズコスメや美容家電にも精通し、講演、執筆、連載等の活動を行う。www.901901.com

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます