• TOP
  • ヘルスケア
  • 「足の裏」がリフトアップや身体の歪みを整えることに大きく関係する!?

「足の裏」がリフトアップや身体の歪みを整えることに大きく関係する!?(2017.12.09)

■エアライズを靴下やストッキングの下に履くだけで、なぜそれで効果を感じられるのか?足裏のシリコンパットが体の重心のかかり方を変えていく。

1.指先をカットして、指先の感覚を最大化
足の指のお腹は、皮膚の中で一番感覚神経が集中している。

「自分の体がどちらに傾いているか」をキャッチしている場所なので、ここの感覚がないと、歪みや傾きをキャッチしづらくなるため、素足に近い形でデザインが施された。

2.外側のシリコンで、体のゆがみを解消しリフトアップに導く

無題7

外くるぶしの斜め下にビューティスポットという関節があり、そこを刺激すると、体が引きあがる仕組みになっており、筋質力・背筋力が上がる。

ビューティスポットは骨格のアンチエイジングスポットと言われており正式名称は、ショパール関節(踵立方関節)。

ショパール関節は、体重の衝撃を最初に受けるところなので、体重の2倍の質量がかかってくる。

よって、ここが整うかどうかで体の安定感が変わってくる重要なポイントなのだ。

Q.なぜ、このショパール関節を刺激することで、姿勢矯正やリフトアップするのか?

無題8

身体は4階のビルのようなもの(頭蓋骨・背骨・骨盤・足関節が一本で繋がっているイメージ)。

どこかがずれると、互いに連結しあっているので全部ずれ込む。

エアライズを履くと、身体の土台であるショパール関節を刺激することになるのだ。

上記で説明したように、ショパール関節が整ってくると体の安定感も整ってくる。

また体幹がしっかりしてくると、筋肉がしっかりと使われるようになり、筋効率が上がり、リフトアップに繋がるのだ。

無題9

Q.歪みの仕組みはどうなっているのか?
(ショパール関節のねじれー骨盤が広がるー背骨が曲がるー顔が広がる)この連鎖で7割くらいの人は体がずれていく。

エアライズを履くと、ショパール関節のねじれを取り除けるので、下から整っていくことになり、この負の連鎖を解消することになる。

無題10

■足裏の筋肉と表情筋の関係

背面の筋肉は筋膜により繋がっている。
(前頭筋―脊柱起立筋―大殿筋―足底腱膜(足の指を曲げる筋肉))(バックラインと言われるもので、おでこ~背中~尻~足の裏まで一本の筋だと考えられ、全て影響しあっている。)

エアライズを履くと、前方に重心が移動する事により足底腱膜が活性化され、下から上を引っ張ってくれるので姿勢を正せるのだ。

前方重心になると背面の筋肉がより活動するようになり、後方重心になると前面の筋肉が猫背を誘発する形になる。

ここでのポイントは、背面の筋肉が顔をリフトアップさせる筋肉と連動しているという点だ。

つまり前方重心にコントロールすれば、背面の筋肉が活発になり、リフトアップをアシストすることに繋がる。

無題11

■約2.5倍フェイスライン傾斜角度がアップ

上のグラフは、20代から50代のモニターさん(看護師60名)に協力してもらい、「エアライズの靴下」装着前と、装着後のフェイスラインの傾斜角度を比較し算出したものだ。

フェイスラインの傾斜度が約2.5倍も変化する結果が出た。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます