• TOP
  • ヘルスケア
  • コリ・だるさを感じる春先の寒暖差疲労は「首温活」で対策

コリ・だるさを感じる春先の寒暖差疲労は「首温活」で対策(2018.04.01)

34cf9538d360e2bbf27ad3557f1eb4e0_s

「季節の変わり目になるとなんだか調子が悪い……。」それは気温や気圧などが日ごとに大きく変動するために、疲れや身体のこり、だるさなどの不調が起こりやすくなっているから。

また、朝晩の冷え込みや日々の気温差といった寒暖差も、身体にジワジワとダメージを与える。

こうした「寒暖差疲労」にうまく対応するには、「首温活」がおすすめだ。

「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』にて、統合医療医 東京有明医療大学 教授 川嶋 朗先生の監修の元「寒暖差疲労対策」についてのコンテンツを発表したので紹介しよう。

寒暖差のせいで自律神経はヘトヘト…

暑さを感じると、身体は汗をかいたり、血管を拡張させたりして熱を逃がそうとする。

一方、寒さを感じたときは身体が熱をつくりだしたり、血管を収縮させたりして体温を上げようとするのだ。

このような体温調整の働きをしているのが「自律神経」。

気温のアップダウンが激しいとき、自律神経は目まぐるしく変化する状況に対応するため働き続ける。

その結果、エネルギーを使い果たし、機能が低下してしまうのだ。

自律神経が疲れて働きが悪くなると、疲れ、だるさ、眠気、腰痛、冷えなどさまざまな不調が起こりやすくなる。

また、寒いときには首をすくめたり、肩に力が入ったりするため、首や肩がカチコチにこってしまうことも。

首温活で寒暖差疲労対策を

寒暖差疲労対策のポイントは、常に身体を温かい状態に保ち、寒さを感じにくくすること。

身体が感じる温度が安定していれば、体温調整のためのエネルギーを使わずにすむため、自律神経の機能が低下しにくくなる。

自律神経の機能を高めるためにおすすめの方法が、首を温める首温活だ。

それには大きく2つの理由がある。

1つめの理由は、首には太い血管が通っているから。

首を温めると、血管内の血液に温度が伝わる。

温まった血液が全身に送られることで、内臓や手足の先までぽかぽかになるのだ。

2つめの理由は、首には温度にも反応するセンサーがあるから。

首を温めることで副交感神経が優位になるため、身体がリラックスして血流がよくなり、身体が温まりやすくなる。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます