そもそも「プロテイン」ってなに???【美容のギモン】(2018.05.28)

いまさら聞けない!プロテインの基本

アスリートやボディビルダーなどの筋力アップに、いまや必須アイテムともいえるプロテインサプリメント。

その主成分となるのがタンパク質ということもあり、ダイエットにはもちろんのこと肌や髪にもいいということで、男女問わず大人気であることはご存知のとおり。

もちろん、そんなプロテインについて、すでに摂り入れている方も多いかと思いますが、復習の意味を込めてあらためて解説してみたいと思います。

プロテイン01

プロテインとは?

プロテインとは、英語では「タンパク質」という意味で、日本ではタンパク質を主成分とするサプリメントを指す場合がほとんどとなっています。

そのタンパク質は、炭水化物・脂質とともに3大栄養素と呼ばれ、人間の体にとって重要な栄養素。

実際に、筋肉はもちろん、骨、内臓、血液、皮膚、髪の毛、爪などあらゆる部分を構成するのに重要なタンパク質は、毎日不足しないように摂取する必要があります。

その量は、一般の成人だと1日に体重1kgあたり1gが、健康的な生活を送る上で最低限必要とされ、筋肉量の多いスポーツ選手などはその倍の量が必要といわれています。

もちろん、そのタンパク質を肉や魚、卵などといった食事から摂ることもできますが、これがなかなか大変。

例えば、体重60kgの人が筋力アップのために体重1kgあたり2gずつ摂ろうとすると120g必要で、サーロインステーキなら約700g、ゆで卵なら18個以上も摂取しなければなりません。

さらに、食材や調理法によっては、余計な脂質や炭水化物まで摂ってしまう可能性もあり、カロリーオーバーとなってしまいます。

そこで、良質なタンパク質を手軽に摂取できるように生まれたのがプロテインというワケです。

プロテインの種類と特長

現在、プロテインには、動物・植物性をあわせて大きく以下の4種類に分類できますが、その形状もパウダーやタブレットをはじめ、摂取しやすいようにドリンクやゼリー、バー状などに加工された製品も豊富に揃っています。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます