• TOP
  • パナソニック
  • 身だしなみ界の強力2トップで「爽やかさ」を手に入れた男【男前プロジェクト2018】

身だしなみ界の強力2トップで「爽やかさ」を手に入れた男【男前プロジェクト2018】(2018.06.20)

男前プロジェクト2018

不快指数が上昇するこの季節、身だしなみ界の強力2TOPで〝爽やかさ〟を手に入れよう

去る5月21日公開分より、約2年のブランクを経て復活を遂げた「男前プロジェクト」。

〝ビジネスマンの身だしなみを整え、その内面も充実させる〟ことを目的に、毎回第一線で活躍するビジネスマンが登場。

各種のグルーミングアイテムや身だしなみケアの体験を通じて、改めて自分を見つめ直す姿を追う足掛け12年に及ぶロングラン企画だ。

復活第一弾となった前回の「佐川急便東京本社・山田侑輝さん」編に関しては、反響も大きく、ユーザーからのコメントも数多く寄せられている。

その紹介については機会を改めるとして、早速「男前プロジェクト」第2回を進行していこう。

今回、登場していただくのは、婦人靴の製造・販売を手がけるダイアナ株式会社の販売促進部に所属する伊藤優亜さん。

まず伊藤さんをよく知る女性社員の方々に集まっていただき、体験の前にお話をうかがってみた。

男前プロジェクトダイアナ01

写真左から渡部あゆみさん、伊藤優亜さん、橋本枝里子さん、横井萌奈美さん。

ちなみに同社は戦後間もない1948年、銀座すずらん通りに輸入婦人靴専門店として創業。

1952年に株式会社ダイアナ靴店設立、1988年に現社名に変更され、現在は首都圏を中心に全国104店舗(グループ計)を展開している。

まず伊藤さんには、日々の業務についてお聞きした。

伊藤 「現在は販売促進部という部署に所属しておりまして、全国のダイアナ店舗の販促活動を中心に、広告宣伝業務を担当しています。」

そんな業務内容なだけに、初対面を含め、外部の関係者との出会いは多く、身だしなみに〝油断〟は許されない。

しかも、これからは気温も湿度も上昇する季節。

伊藤 「自社が女性物を扱う会社ですので、清潔感は当然として、ある程度の華やかさも必要だと考えています。

特に初対面の方は自分の印象で「ダイアナ」のブランドイメージが決まってしまう場合もあるので、そのあたりは常に意識しています。」

男前プロジェクトダイアナ02

ダイアナ株式会社販売促進部 伊藤優亜さん(33歳)。全国各店舗の販促活動に加え、カタログの制作や、各種メディアとのタイアップの企画と進行なども担当している。http://www.dianashoes.co.jp/

1 2 3 4 5
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます