• TOP
  • ヘルスケア
  • ヤセ体質を作ると話題の「スーパー大麦」を使った商品5つ食べ比べ!

ヤセ体質を作ると話題の「スーパー大麦」を使った商品5つ食べ比べ!(2018.06.20)

「ヤセ体質」を作ると話題の「スーパー大麦」とは?

スーパー大麦01

豪州の科学産業研究機構が10年の歳月をかけて開発した、遺伝子組み換えによらない改良型大麦のバーリーマックス。

これが「スーパー大麦」という商標で日本で販売されて間もなく、テレビで取り上げられて大ブレークしたのは記憶に新しい。

今では、このスーパーフードを用いた新製品が続々と登場し、健康食品の1つのトレンドとして定着しつつある。

スーパー大麦がこれほど注目を浴びているのは、他種の大麦に比べて食物繊維を約2倍含み、特に「第3の食物繊維」と言われるレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が約4倍と豊富に含有している点。

レジスタントスターチは発酵速度が遅いため大腸の奥まで届き、そこに棲む腸内有用菌を増やす働きがある。

継続して摂取することで、腸内環境が改善されてゆき、健康的なヤセ体質になるほか、便秘や過食を防止し、血糖値やコレステロール値の上昇を抑制するなどの効果がある。

商品としては、(米と混ぜたり料理の素材に用いる)乾燥あるいは蒸しただけものとグラノーラに大別され、このほかレトルトパックで調理済みのものや、蕎麦に配合した変わり種もある。

それらは健康効果はお墨付きでも、味の点ではどうなのだろうか?

それを確かめるべく、何商品か入手して実際に食べてみた。

●『1日分のスーパー大麦グラノーラ 4種の彩り果実』(日清シスコ)

スーパー大麦01

1食(50g)で1日あたりの摂取推奨量12gのスーパー大麦が摂れるグラノーラ。

甘味はかなり抑えめだが、サクサク感は健在。酸味のあるドライフルーツが若干入っていて、単調な風味にならないいよう、いいアクセントになっている。

そのまま食べてもよいが、豆乳との相性は抜群。

200g入りで税込540円はやや割高な印象だが、スーパー大麦の含有率が高いので、実はコスパに優れている。

姉妹製品として『1日分のスーパー大麦グラノーラ 3種のまるごと大豆』があり、3種の大豆とは黒大豆、黄大豆、青大豆を指す。

こちらはプロテインが若干多めなので、プロテインの摂取を増やしたい人には、こちらがおすすめ。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます