• TOP
  • ヘルスケア
  • 何歳くらいからコリを感じるようになった?全国平均は「27.7歳」

何歳くらいからコリを感じるようになった?全国平均は「27.7歳」(2018.06.22)

ロイヒつぼ膏01

肩こり・腰痛の貼り薬「ロイヒつぼ膏クール」(第3類医薬品)を製造販売するニチバンは、このたび「体のコリ」をテーマに調査を行った。

今回の調査は、全国47都道府県の働く男女、各県100名ずつ、計4,700名に対して実施。都道府県ごとに、どのようなコリの傾向があるのか、様々な角度から調べた。

■全国のコリやすい部位トップ3「肩」「首」「腰」、島根が“コリ頻度”1位を独占

まず、それぞれの部位*に対し、年間で何日程度の頻度でコリを感じるか聞いてみると、全国平均は「肩」が「186日」で1位に。2日に1回に近い頻度で肩のコリを感じている計算になる。

肩と同時にコリやすい「首」が「166日」で2位となった。3位は「腰」で、「127日」。

一方、もっとも低かったのは「お腹」。「20日」と、かなり少ない日数ながら、コリを感じている人はいるようだ。*「頭・顔」「首」「肩」「背中」「お腹」「腰」「おしり」「上腕」「前腕」「手首」「ふともも」「すね・ふくらはぎ」「足首」「足の裏・甲」「その他」の15項目

都道府県ごとに比較すると、コリを感じる頻度の全国平均でトップ3となった部位、「肩」・「首」・「腰」すべてで「島根」が1位を独占。

「肩:227日」、「首:198日」、「腰:171日」と、いずれも全国平均を30日以上上回る結果に。一方、それぞれの部位について一番コリを感じていなかったのは、「肩」は「佐賀」(149日)、「首」は「石川」(125日)、「腰」は「秋田」(90日)であった。

ロイヒつぼ膏01

また、都道府県ごとに、コリを感じる頻度について、すべての部位の平均を算出したところ、「長崎」が1位に(98日)。

「上腕」「前腕」「手首」と「腕全体」、そして「おしり」「足の裏・甲」で1位となった他、14位となった「首」を除いてどの項目でも上位10位以内に食い込んでおり、慢性的にコリを感じている人が多い「全身コリ県」と言えそうだ。

ロイヒつぼ膏01

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます