• TOP
  • 新商品・イベント
  • スタジアムがまるでビーチに!?「千葉ロッテマリーンズ」主催イベント開催

スタジアムがまるでビーチに!?「千葉ロッテマリーンズ」主催イベント開催(2018.06.28)

千葉ロッテマリーンズ

ZOZOマリンスタジアムでは、夏や海を感じさせる「フード・マーケット・パフォーマンス」が集合するイベント「MAKUHARI SUMMER STADIUM」を7月7日、16日、17日、18日、8月31日、9月1日、2日の期間限定で開催する。

初回となる7月7日(土)の北海道日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム、14:00試合開始)では、来場者先着2万名にサマースタジアムグッズ(タオル&ハット)をプレゼント。

このグッズは、サーフブランド”BILLABONG(ビラボン)”デザインによるサマーユニフォームをモチーフとしたグッズで、当日の観戦チケットを持っている人先着2万名が対象。また選手はサマーユニフォームを着用する。

このほかにも様々な特別イベントを実施予定。

スタジアムがまるでビーチにいるかのような空間になる今回のイベント、ぜひ足を運んでみてはいかが?

2018年千葉ロッテマリーンズサマーユニフォーム

千葉ロッテマリーンズでは98年のノースリーブユニフォーム以来となるサマーユニフォームを採用した。

使用期間は7月ホーム4試合。8月ビジター6試合、ホーム1試合。9月ホーム2試合。

2018年に関しては通常のピンストライプユニフォーム、ビジターのブラックユニフォーム、マリンフェスタ(イベント)のブルーユニフォーム、CHIBA(地元を盛り上げる際の)ユニフォームに続く5つ目のデザインとなる。

サマーユニフォームコンセプト

オーストラリア発祥のサーフブランドメーカーの”BILLABONG(ビラボン)”デザインによる、夏・海・トロピカルな雰囲気あふれるサマーユニフォーム。

大胆にあしらわれた総柄は海岸線に咲いている植物パンダナスからインスピレーションされたボタニカル柄を採用。海沿いに本拠地を構えるマリーンズならではの斬新なユニフォームでこの夏を戦い抜くというイメージ。

サーフブランドメーカーの”BILLABONG(ビラボン)”がプロ野球のユニフォームをデザインするのは初。マリーンズでは11年からTシャツなどのグッズでサーフブランドメーカーの”BILLABONG(ビラボン)”とコラボをしていることから今回のデザインを願いすることに。

千葉ロッテマリーンズ

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます