若手社員が思う「業務中に上司から掛けられたい言葉」とは?(2018.06.28)

SOYJOY

まるごと大豆の栄養を手軽においしく摂取できる大豆バー、SOYJOYを販売する大塚製薬は、新商品として、「SOYJOY クリスピー ピーチ」を全国で発売した。SOYJOYは、間食や小腹が減った時にオフィスで手軽に美味しく食べることができる健康に寄与する食品だ。

そこで、職場でのコミュニケーション方法が問われている昨今、上司と若手社員とのより良いコミュニケーションについて、上司(課長クラス以上)と若手社員(入社5年以内)男女600名を対象に4月6日(金)から4月8日(日)に調査を実施した。

その結果、業務中に掛けている言葉と掛けて欲しい言葉の違いや、双方のコミュニケーションに対する考え方のギャップが明らかに。

若手社員は“飲み会に誘ってもらう”よりも“お菓子などの差し入れを貰う”ことに喜びを感じているという実態を受け、『SOYJOY職場応援キャンペーン』をスタートした。

SOYJOY

本キャンペーンでは「SOYJOY クリスピー ピーチ」12本と、「本当は言われたい言葉BEST12」(※1)のメッセージ入りステッカーをセットにして、抽選で合計1,000名(※2)にプレゼントし、職場でのコミュニケーションの向上を後押しする。

キャンペーンサイトURL(上司応募先):https://soyjoy-campaign.com/joushi/
キャンペーンサイトURL(若手応募先):https://soyjoy-campaign.com/wakate/

※1:「本当は言われたい言葉BEST12」

SOYJOY

※2:上司から若手社員に送る、若手社員が頑張っている時に言われたい12の言葉のシールが入った「若手版」 500セット
若手社員から上司に送る、上司が頑張っている時に言われたい12の言葉のシールが入った「上司版」 500セット

<若手社員が上司に、“掛けられている言葉”と“掛けて欲しい言葉”のギャップが浮き彫りに!>

上司に対して「若手社員が頑張っている時に掛けている言葉は何ですか?」という質問をした結果、1位「お疲れさま」187票、2位「ありがとう」178票、3位「助かるよ」114票という結果に。

一方、若手社員に対して「自分が頑張っている時に掛けてほしい言葉は何ですか?」という質問をした結果、1位「助かるよ」182票、2位「ありがとう」180票、3位「よくやってるね」157票という結果になり、このように“掛けている言葉”と“掛けてほしい言葉”にはギャップがあることが判明した。

若手社員は現状の頑張りを評価し、労いの言葉を掛けてほしがっているようだ。

SOYJOY

SOYJOY

<上司だって若手社員の皆さんから“掛けて欲しい言葉”があった!>

若手社員に対して「上司が頑張っている時に掛けている言葉は何ですか?」という質問をした結果、1位「お疲れさまです」171票、2位「手伝えることがあったら言ってください」144票、3位「ありがとうございます」111票という結果に。

一方、上司に対して「自分が頑張っている時に掛けてほしい言葉は何ですか?」という質問をした結果、1位「手伝えることがあったら言ってください」101票、2位「ありがとうございます」80票、3位「お疲れ様です」77票という結果になり、こちらもギャップがあることが判明。

上司の皆さんは、“お疲れ様です”と声を掛けられるよりも、若手社員の“手伝います!”といった意欲ある言葉を待っているのかもしれない。

SOYJOY

SOYJOY

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます