• TOP
  • ヘアスタイル
  • 40才頃から感じる細く弱った髪に!エイジングケア処方のヘアワックス登場

40才頃から感じる細く弱った髪に!エイジングケア処方のヘアワックス登場(2018.06.30)

ルシードヘアワックス

マンダムは、ミドル男性用化粧品ブランド「ルシード」より、40才頃から感じる髪質変化の悩みに対応した、エイジングケア処方のヘアワックス4種を2018年8月27日(月)に新発売する。

男性スタイリング市場の中で、ヘアワックスは16年間連続No.1剤型。ヘアワックスのメイン購買層は35~44才を中心としたミドル世代であり、この世代はヘアワックスが登場し始めた頃から、長年愛用し続けている。

その一方で、40代を中心としたミドル男性の髪は、年齢に伴い、細くなる、ハリ・コシが低下する、ボリュームが出にくくなるといった変化が現れる。

そのため、今までと同じヘアワックスを使っていても「思い通りのスタイリングができなくなった」、「ボリュームが出なくなった」、「持続しなくなった」といった悩みが生じているのだ。

そこでミドル男性の年齢に伴う髪質変化に着目した、「ルシード ヘアワックス」を発売することに。ミドル男性の毛髪研究から生まれたエイジングケア処方を採用。

全品に「浸透性アミノ酸」を配合し、髪の内側からハリ・コシを与え、細髪・痩せ髪もスタイリングがキマって持続する。また、30代後半から気になり始める「ちらほら白髪」を手軽にカバーできる白髪用ワックスも展開。年齢に伴う髪質悩みを解決する全4種。

ミドル男性がビジネスシーンで求める、「適度にボリュームがあり、ナチュラルで清潔感がある」ヘアスタイルを叶える。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます